Digital Transformation of the Securities Industry in Japan and Asia

Modularization of Industry

Industries across the board are undergoing structural change. This change extends beyond individual firms and spills across industrial sectors. Other industries that have been exposed to the tide of technology-driven structural changes have through the process harnessed technology to be reinvented as new industries befitting this evolution in industrial structure. The financial industry traditionally has been far from the vanguard of this change.

The proliferation of the Internet and digital technologies is only accelerating the evolutionary modular shift across all industries. This stands in stark contrast to the traditional non-modular, vertically integrated structure (that is to say, the antithesis of a modular structure, where all the products and services are provided through and within one exclusive value chain) that the industry has historically embraced.

However, disruptive new market players have visibly forced conservative, existing entities to begin to seek new approaches; at the same time, regulatory authorities have also started to embark on establishing a new, more robust system for regulating the financial industry.

The Securities Industry of the Future

The securities industry can be regarded as the first sector in the financial industry to have embarked down the path of modularization. A major area that has been involved in this first step toward modularization has been mutual funds.

In the closed model era of brokers and mutual fund firms, which was the norm until the 1960s, mutual fund firms would outsource sales to securities companies (full service brokers). Then, the market witnessed the emergence of no-load funds starting in the 1970s. This era was characterized solely by diversification of sales methods, and was entirely absent changes to the closed model that covered planning, manufacturing, and sales. Finally, change descended on the market in the form of the mutual fund supermarket revolution. Metaphorically speaking, this approach was akin to companies putting mutual funds on the shelves of a supermarket and charging commissions only for the products sold. The interface between mutual fund companies and securities companies opened up, with this the creation and sales components were decoupled and functionally modularized.

The Role of New Technology: Robo-advisor

Robo-advisor initiatives can be expected to accelerate the speed of advances in modular demand structure. Presumably, coming delivery channels will seek to optimize information and investment expertise provided, driven by approaches that respond to the needs of investors by sometimes providing "automated advice" and sometimes harnessing brokers as "a human support mechanism.”

In Japan, megabanks, startups, and dedicated online brokers are all jockeying to leverage their strengths in a way that accords them the most advantageous position possible. Their robo-advisor initiatives so far largely appear tailored to support the sales of mutual funds. As easy-to-use, non-face-to-face channels, they are garnering interest from investors with a level of comfort with IT and a degree of financial literacy. Moving forward, further advancements that draw on both the asset management facet and technology are expected in the 4 areas; diversity of products, diversity of services, automation, accommodating B2B.

Excluding Japan, Hong Kong, and Singapore, Asia is a fragmented market for retail investors, and therefore it’s still inaccessible. In addition, such markets as Taiwan and Korea are showing an increase in home bias. Thus, how the robo-advisor business thrives in the Asian market will depend on its distribution dynamics, along with its asset growth potential and product development.

Legacy modernization in the securities industry is much more than the application of novel technology. Rather, it portends nothing less than a wholesale structural overhaul of the securities industry that is an opportunity to envisage anew and redefine the industry’s future. There can be no doubt that this transcends the mere establishment of a digital channel; rather it will certainly impact products, services, IT units, and sourcing models, and, in so doing, provide the securities service providers of the future a chance to seriously consider exactly what kind of companies they would like to be and the corporate cultures they would like to foster.

 

Related releases:

Legacy Modernization in the Japanese Securities Industry, Part 1

Legacy Modernization in the Japanese Securities Industry, Part 2

Fintech and Robo Advisors: Booming in Japan

Legacy Modernization in Japan’s Financial Industry, Part 2: What the Auto Industry Can Teach the Financial Sector

 

2016年後半のカンファレンスを振り返る

カンファレンスは、いつも刺激に溢れています。2016年もアジアの各地で、パネルディスカッションやプレゼンテーションの機会に恵まれました。自らのプレゼンテーションを通じて、過去のリサーチ成果を発信するだけでなく、カンファレンス・チェアやパネル・モデレータの役割は、業界ソートリーダーとのインプロビゼーションであり、将来のリサーチトピックスやインサイトテーマを仕込む、貴重な瞬間です。人が出会い、意見を交換し、議論を深める。そのための準備と当日の緊張感は、アナリストの責務であり、醍醐味でもあります。 本稿では、2016年後半の5つのカンファレンスを振り返ります。銀行、保険、証券、ウェルスマネージメントの各業界の議論に共通したキーワードは、引き続き、フィンテック、デジタル、そしてモダナイゼーションでした。
***

Insurance, Digitization and Bubbles(7月1日:東京)

保険業界は変革を迫られています。超低金利、新規事業参入者の増加、激化する価格競争、顧客との関り方の急激な変化が、保険会社の商品/ビジネスモデルを揺さぶっています。モノのインターネットやスマートロボットだけではなく、いまやブロックチェーンも保険業界に大きく影響しつつあります。 こうした新しいテクノロジーは、本当に業界を根底から変えてしまうのでしょうか? 仮に変化があるとするならば、いつ、どんな出来事が、どのような順序で起こるのでしょうか? セレント主催の本イベントでは、世界の保険業界におけるデジタル改革の最新トレンドを紹介し、お招きした日本の保険業界を代表するソートリーダーの皆様と、中長期的な視点での将来像を模索しました。
  • 世界の保険業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新トレンド
  • InsurTechが保険業界の未来、ビジネスモデル、事業運営に与える影響
  • 短期、中長期的な視点での展望、業界の未来図
  • 日本におけるInsurTechの現状と展望
Insurance, Digitization and Bubbles
***

Asia Anti-Money Laundering Summit713-14日:シンガポール)

アジアにおいても欧米同様に、規制の継続的な改正、最大手の金融機関における規制違反事例など、AMLの運営管理全般を改善する必要性が高まっています。電子取引の爆発的な普及は新たな課題をもたらしており、金融機関が様々な事象をチェックする際に、もはや規制当局や政府公認のブラックリストだけでは不十分な状況にあります。 AMLはまた、海外業務を展開する大手銀行だけのテーマではなく、全金融機関において同様な備えとその効率化が問われる時代となっています。本イベントは、アジアの保険業界を中心としたコミュニティにおいて、AMLとKYCを真正面から討議する場となりました。 セレントからは当日、以下の既刊レポートを中心に、「ユーティリティモデルの隆盛とAI適用」に関する報告を行いました。 Asia Anti-Money Laundering Summit
***

Asia Insurance Technology Awards95-6日:シンガポール)

2016年も引き続き、セレントは、AIR の主催する Asia Insurance Technology Awards (AITAs) の審査員を務めました。アジア各地の保険業界における、イノベーションと現代化に関する先進的な取り組みを表彰するこのイベントは、セレントの主催するアワード:セレントモデルインシュアラー と併せ、当社アジア保険部門の2大イベントとなります。 新たなテクノロジー、ビジネスモデルそして業界構造や組織変革への取り組みが、6つアワードカテゴリーにおいて表彰されました。中でも、Best Newcomerに輝いた Everledger(英国)、Digital Transformationを獲得した PetSure(オーストラリア)の両社は、InsureTech時代を象徴する取り組みと賞賛されました。
  • IT Leadership: Liberty Videocon General Insurance
  • Best Insurer, Technology: New China Life Insurance, Max Life Insurance
  • Digital Transformation: AXA Asia, PetSure (Australia)
  • Big Data and Analytics: AXA Hong Kong
  • Best Newcomer: Everledger
  • Innovation: IDBI Federal Life Insurance, Ping An Property & Casualty Insurance Company of China
Asia Insurance Technology Awards
***

5th Asia Insurance CIO Technology Summit95-6日:シンガポール)

AITAと同時開催のアジア保険CIOサミットにおいて、キーノートスピーチ「InsurTech & Digital: A Global Round-Up 」を提供しました。 さて、保険会社の存在価値とは何でしょうか?
  • 安心、安全、健康な人生を支援する
  • 企業活動の全てのリスクを担保する
  • 人生の、企業活動の不安とリスクを軽減する仕組みの提供
様々な表現で語られますが、全てに共通することは、「顧客中心」主義。一方で、これまでの金融機関におけるテクノロジー活用の中心命題が、長らく
  • システム化による、人手から機械への代替による合理化、コスト削減 であったことは事実です。
しかし、テクノロジーの進化とその爆発的な普及は、こうして古典的な命題を激変させました。本キーノートでは、情報とテクノロジーを手にしたデジタルな顧客に対峙する現代の金融機関は、
  • 「デジタルな顧客中心」主義であるべき と提唱しました。
また、デジタル世紀の金融機関が遭遇している、急激な業界構造の変化に対して、
  • 「戦略自由度の担保」とそれを実現する「アーキテクチャ」 も提案しました。
5th Asia Insurance CIO Technology Summit
***

TradeTech Asia 20161019-20日:シンガポール)

キャピタルマーケットとウェルスマネージメント業界の祭典 TradeTech Asiaは、今年もシンガポールで開催されました。セレントは長年、このイベントのカンファレンス・チェアやモデレータを務めてきました。ウェルスマネージメントにおけるロボアドバイザーの台頭、トレーディングデスクにおけるAlgoからAIへのシフトが鮮明だった2016年は、アジアの機関投資家の方々と、以下のパネルに参加しました。
All Star Panel: How can you use machine learning and artificial intelligence for predictive analysis and accurate analytics?
当日は、セレントのAIフレームワーク:人口知能モデルを披露し、資本市場、資産運用ビジネスにおける、AI活用の現状と展望に関して、以下の事柄に言及しました。
  • トレーディングライフサイクルの最適化におけるAIの役割
  • 投資分析の予測能力や正確性を向上させるAIの適用方法
  • リサーチ:投資分析やポートフォリオ分析におけるAI活用
  • AIとコンプライアンス:不正取引の監視におけるAIの活用
  • 購入か利用か、構築か?:AIにおけるフィンテック企業の可能性
TradeTech Asia 2016  

今春のカンファレンスを振り返る(その2)

本稿では、今春のアジア3都市での6つのカンファレンスを振り返ります。銀行、保険、証券、ウェルスマネージメントの各業界の議論に共通したキーワードは、フィンテック、デジタル、そしてモダナイゼーションでした。

 

Legacy Modernization Seminar (47日:東京)

http://www.celent.com/news-and-events/events/legacy-modernization-seminar

グローバルなITサービスベンダーの主催するコミュニティミーティングで、「レガシーモダナイゼーション」のプレゼンテーションをしました。

昨年セレントが実施したサーベイ結果は、日本の保険業界におけるレガシーシステムの現代化について、以下の示唆をもたらしました。

  1. 現代化の検討は本格化、既に実施ステージに:置換戦略は、新システムへの置換がバージョンアップやラッピングを凌ぎ、置換理由は、コスト、ITスキルや能力との合致、リスク許容度、が主流である。
  2. 置換プロジェクトの進捗は評価から実施段階へ入るも、新たな解決策(SaaS、BPO)の検討は十分とは言えない。
  3. 最大の課題は自社に最適なプログラムの選定にある。
  4. ビジネスケースの検討は不十分:ビジネスケースはプロジェクトの進捗管理ツールに止まり、ライブドキュメントとして機能していない。
  5. 現代化の進展による、ビジネス部門、IT部門の役割変化は、未だ責任分担を変化させるには至っていない。

この現状認識に基づき、カンファレンスでは、以下を議論しました。

  1. レガシーモダナイゼーションのフレームワーク
  2. 組織の優先課題と自社のリスク許容度の掌握
  3. スコープ定義

そしてレガシーの再生産をしないモダナイゼーションのKFSとして、以下を提唱しました。

  • 自動化とその複雑系への適用
  • コアスタンダードの確立と、ローカルバリエーションの許容
  • ソーシングモデルの見直し

ここでもまた、「フィンテック」「デジタル」が共通の話題でしたが、IT部門の最大の課題は、やはり「レガシーモダナイゼーション」にあります。それはITシステムの更新や新技術の導入だけでなく、IT部門の体制やイニシアチブの在り方にも大きく依存します。カンファレンス参加者の問題意識は、「データ移行」「プログラムコンバージョン」「コンフィグレーション」から「クローズド・ブック」のBPOまで、実に多様なテーマに及びました。

4

http://tekmonks.com/beta/beta/brochure/FI-Consulting.html

 

Tokyo Financial Information & Technology Summit  (412日:東京)

http://www.celent.com/news-and-events/events/tokyo-financial-information-technology-summit

キャピタルマーケットのトピックスも変化しています。

例年同様、東京金融情報&技術サミットのパネル運営をサポートしました。今年のカンファレンスでは、ウェルスマネージメント、フィンテックを新たなトピックスとして加え、「信託ビジネス」と「ブロックチェーン」のパネルをモデレートしました。

「信託ビジネス」パネルでは、以下のトピックスで議論しました。

変貌する個人金融市場と資産運用ビジネスの現状認識について:

  • 「貯蓄から投資へ」の潮目の変化(NISA、投信、ラップ口座)
  • ゼロ金利の影響
  • ターゲットとするセグメント

個人向け資産運用ビジネスへの取り組みについて:

  • 新チャネルの状況(対面チャネル、非対面チャネル、ハイブリッド)
  • プロセスの改革の度合(分析と自動化の活用度合)
  • オペレーション革新の状況(商品・サービス、IT、組織・体制の革新)

資産運用ビジネスにおけるイノベーションのドライバーと挑戦:

  • テクノロジー活用(チャネル、分析・自動化、商品・サービス)
  • データ活用(投資サポート情報、投資商品データ、投信データ)
  • FinTech活用(組織・体制、新市場とコミュニティの拡大)

日本のリテール証券・信託マーケットにおいても、ウェルスマネージメントビジネスとそこでのテクノロジー活用が重要テーマとなっています。

 

「ブロックチェーン」パネルでは、「資本市場」を中心とした「ブロックチェーン」の可能性、POCへの期待を議論しました。論点は、以下の3点でした。

  • 取引の透明性、コスト削減への効果期待と実現方策
  • 金融サービス事業適用の条件、POCに期待する成果
  • 期待される、ビジネスケース

ブロックチェーンを巡る議論は、「探索」の段階から「実証」の段階に入ったと感じました。また、カンファレンスの議論を通じて、以下の示唆を見出しました。

  • この技術は、多くの市場参加者が共有すべきもの:プライベートもしくは、小規模なコンソーシアムでこの技術を適用しても、そのメリット享受は難しい。
  • この技術は、グローバルに実装すべきもの:グローバルな制度変更を伴う、標準化のイニシアチブのなかでの設計と実装が本来の姿である。ビジネスケースは、国際送金、トレードファイナス、マイクロペイメントなど想定されるが、ビットコイン(の信任が増し)若しくは、新法定通貨が定まれば、金融取引の大半はそれでよく、後は、非金融情報をタグ付するだけで、その多くはXMLの範囲で解決する。
  • この技術は、アプリケーションではなく、プラットフォームの技術:従って、①基礎研究:新プラットプラットフォームの構築と、②応用研究:その上でのアプリケーションの構築作法、とを峻別し、POCの多くは、R&Dとして①を主に、②はサンプル・ユースケース程度であり、制度設計は皆無。多くのベンダー(や金融機関)は、旧態依然として、新標準が定まった後のAP構築方法論及びAP構築から利益を出す構造である。

そこでの課題は、以下の3点に集約出来ます。

  • 透明性:技術の特性として、秘匿性の高い情報の管理には向かない。大半の金融取引は秘匿性が伴い、法改正も必要。
  • 制度設計:大規模金融基盤適用には、制度設計、制度改定が不可避で、個別金融機関にはその動機がない。
  • 技術者の人口:メインフレームからC/S、Web、モバイル、AI&IoTへの変遷と全く同様に、広範な普及には開発者の人口が必要。

5

http://www.financialinformationsummit.com/tokyo/jp/static/programme

 

17th Asia Conference on Bancassurance and Alternative Distribution Channels (5月10日:ジャカルタ)

http://www.celent.com/news-and-events/events/17th-asia-conference-bancassurance-and-alternative-distribution-channels

今春2回目のジャカルタでは、このバンカシュランスのカンファレンスに参加し、保険業界におけるデジタル化をセレントの「デジタルフレームワーク」を用いて提唱しました。加えて、InsurTechの動向を、ソーシャルメディアのデータ分析、保険会社以外のデータ収集とその活用、IoTを活用した新たなデータソースの拡充、構造化データ以外の分析ツールの活用について紹介しました。また、銀行と保険会社のレガシーモダナイゼーションについても言及し、自動化と事務処理のSTP化の重要性を述べました。バンカシュランスの文脈においても、銀行、保険会社に跨る事務処理をシンプルにすることが鍵で、プロセスのデジタル化はすなわちコアシステムの現代化を誘導することを提言しました。

カンファレンス・チェアの役割を通じて、全プレゼンテーションを紹介し、質疑応答をモデレートしました。登壇者の顔ぶれは、現地の金融当局、保険業界団体、東南アジアで活躍するグローバル銀行と保険会社、再保険会社の現地法人、そして当地でのデジタルバンキングに商機を見出すテクノロジーベンダーとフィンテック・スタートアップ企業。各社の発表に共通するコンセプトは、デジタルエクスペリエンスが変える銀行と保険会社、そして保険契約者の関係でした。

社会インフラの制約条件は、シンプルな顧客関係を要求します。金融とITのリテラシーが未成熟な地域では、顧客の文脈での推奨や支援が必要とされます。それらを満たすプラットフォームとして、モバイルを中心とした顧客接点が取り組みの中心でした。Financial Inclusion(金融包摂)は、金融当局の強力なバックアップもあり、銀行、保険、そしてテクノロジーの業界にとって、大きな活躍の舞台とみなされます。今回も、アジア新興市場のダイナミズムを大いに実感しました。

6

http://www.asiainsurancereview.com/airbanc2016/Programme

 

今春のカンファレンスを振り返る(その1)

カンファレンスは、いつも刺激に溢れています。今春も各地で、パネルディスカッションやプレゼンテーションの機会に恵まれました。自らのプレゼンテーションを通じて、過去のリサーチ成果を発信するだけでなく、カンファレンス・チェアやパネル・モデレータの役割は、業界ソートリーダとのインプロビゼーションであり、将来のリサーチトピックスやインサイトテーマを仕込む、貴重な瞬間です。人が出会い、意見を交換し、議論を深める。そのための準備と当日の緊張感は、アナリストの責務であり、醍醐味でもあります。

本稿では、今春のアジア3都市での6つのカンファレンスを振り返ります。銀行、保険、証券、ウェルスマネージメントの各業界の議論に共通したキーワードは、フィンテック、デジタル、そしてモダナイゼーションでした。

 

Blockchain Business Conference 2016 (121日:ソウル)

http://www.celent.com/ja/news-and-events/events/blockchain-business-conference-2016

セレントを含めて4人のスピーカーが、ブロックチェーンを中心としたフィンテックに関する現状認識と取り組みを発表しました。

ソウル大学ビジネススクールの教授は、ビットコインとブロックチェーンの関連性と違い、ブロックチェーン技術の特長、イノベーションプラットフォームとしてのブロックチェーンへの期待を述べました。大手SIのLG CNSと、フィンテクスタートアップのcoinoneは、自社におけるブロックチェーンへの取り組みと、適用を目論むビジネス分野について、簡易なユースケース・デモを交えて発表しました。セレントからは、フィンテックの背景、ブロックチェーンの本質、金融サービスの行方について、グローバルと日本の立ち位置から報告しました。

参加者は総じて若く、ITのトレンドに敏感で、ブロックチェーンを新たなビジネス機会として捉え、その議論を挑む姿勢が印象に残りました。ソウルにおけるこのブロックチェーンのカンファレンスは、ペイメント分野での新たなサービス創出の意欲が実感出来ました。

本イベントについては、「フィンテックトレンドの昨日」 http://bit.ly/1txsSmD と題してポストしました。

1

 

Celent Analyst and Insight Day  224日:東京)

http://www.celent.com/ja/node/34449

今春のカンファレンスシーズンは、このイベントからスタートしました。

世界各地からセレントのアナリストが東京に集結し、テクノロジーが金融業界の土台をいかに揺さぶっているか、金融機関は新しい現実にいかに適応していくべきか、様々な議論とインサイトを発信しました。「イノベーション」「フィンテック」「ブロックチェーン」をテーマとした3つのセッションで、合計15のプレゼンテーションを披露しました。

イノベーションの手法とベストプラクティス、未来への分岐点 としてのフィンテック、ブームで終わらないブロックチェーンのインパクト。どのテーマも、市場を席巻するメガトレンドですが、着地点や方向性が見出せない議論となりがちです。このカンファレンスを通じてセレントは、フレームワークベースの考察、ベストプラックティスの活用、そして戦略的自由度の確保が重要であると提言しました。

このカンファレンスの前後でも、各社のPOCに関するプレスリリースが相次ぎました。2016年の春、東京での「フィンテック」を巡る議論は、「探索」から「実証」に推移し、先駆者の「ユースケース」や「ビジネスケース」を待望する声が多数聞かれました。

本イベントについても、「セレント アナリスト&インサイト・デー」 http://bit.ly/1T6R5u2 にポストしました。

2

 

Southeast Asia Banking Technology & Innovation Summit 331日:ジャカルタ)

http://www.celent.com/news-and-events/events/southeast-asia-banking-technology-innovation-summit

昨年のビザ条件の緩和は確実に奏功し、インドネシアでのカンファレンス機会が拡大しています。セレントは今春、銀行と保険の業界メディアから招聘を受け、カンファレンスに参加しました。

日本の約5倍の国土に2.6億の人口、イスラム教徒の比率が88%、2005年以降5~6%台の高成長率、2015年一人当たり名目GDP3,362ドル(世界113位)。首都ジャカルタには、アジア新興国市場の縮図があります。治安、交通渋滞、インフラと様々な課題を抱えつつも、そのすべてを事業機会として取り組むダイナミズムを感じました。

このバンキングのカンファレンスでは、銀行業界におけるデジタル化をセレントの「デジタルフレームワーク」を用いて提唱しました。市場の激流を注視し、顧客経験を通じて自社のブランド評価を計測すること。ITとビジネス両面の柔軟性を確保し、デジタル化による具体的な経済価値を追求すること。そして、そのための戦略ロードマップを策定、実行すること。この5点は、セレントの提唱するデジタル戦略の中核です。

また、カンファレンス・チェアの役割を通じて、全プレゼンテーションを紹介し、質疑応答をモデレートしました。登壇者の顔ぶれは、現地の金融当局、南アジアで活躍するグローバル金融機関の現地法人、そして当地でのデジタルバンキングに商機を見出すテクノロジーベンダーとフィンテック・スタートアップ企業。各社の発表に共通するコンセプトは、Financial Inclusion(金融包摂):低所得層の世帯や事業主が、信頼のおける金融機関から、適切な価格で高品質の金融サービスを利用できるようにすること。デジタル技術はそのイネーブラーとして、店舗やATMよりもモバイルがそのメインチャネルとして、大いに議論されました。

3

 

Asia Conference on Bancassurance

This is an exciting time for the Financial Services sector in Asia.

It seems every day we hear of new “innovation” or “disruption” (depending on your point of view).

However, the sheer volume of all this noise can be overwhelming.

How do you determine what you need to listen to out of the cacophony of voices?

We can help. We do the listening for you.

 

Join us as we examine the hottest trends Insurtech, Digital & Modernization!

Among the topics we will cover are:

  • Mega trend about FinTech & InsurTech
  • Brief Introduction about Celent’s Framework of Digital
  • Main topics will be on…Legacy Modernization
  • Final Thoughts & Recommendations: The new shape of the industry

 

Asia Insurance Review’s 17th Asia Bancassurance Conference

Click here for more information

 

logo_air

http://www.asiainsurancereview.com/airbanc2016/
 
 

Globalization and Digitization

Globalization at Japan’s leading firms continues unabated.

Various market segments have seen record M&A activity as companies continue to seek strategic means of diversifying their portfolios and global growth opportunities in tandem with boosting corporate value and profitability over the mid to long term. At the same time, the weakening of the yen in the wake of the 2008 collapse of Lehman Brothers has pushed the forex market to a point that makes the price tags of these mergers relatively more expensive, meaning more latent financial risk. Against this backdrop, this post examines recent global M&A trends, related background and risk, and the outlook and possibilities across business segments.

 

1. Tokio Marine Holdings’ June 2015 announcement of the acquisition of U.S.-based specialty insurance group HCC Insurance Holdings:

It is significant that the nation’s largest non-life insurer is not sitting idly but instead is boldly striving to increase the ratio of its business derived overseas. This merger was valued at 940 billion yen ($7.5 billion). It launches a new chapter in the history of this company. This decision is one that could only have been taken by a company with a wealth of experience and a successful track record.

According to the insurer, this deal will have the following benefits:
・Result in greater scale and profit potential overseas
・Make possible the establishment of a more globally diversified business portfolio
・Enable improved capital efficiency and sustainable profit growth.
This move and the above rationale articulated by the firm only serve to reaffirm that Japanese firms are and will increasingly be looking to expand globally.

These moves have been driven exchange rate and interest rate considerations and more by a desire to enhance the scale, scope, and efficiency of business operations. This, in turn, has been prompted by a rise in the ratio of foreign investors and more vocal “activist” shareholders.” Seen another way, these efforts—the manifestation of the pursuit of M&A activities focused overseas—reflect the grim reality of the difficulty finding good business opportunities in and the rigidity of the domestic market.

The market is anxiously anticipating further deregulation and efforts to bring more market players into the market not only in insurance, but across the entire financial services industry. Furthermore, overseas new business development through outbound M&As is expected to bring synergies to the existing domestic market.

 

2. Meiji Yasuda Life’s July 2015 announcement of the acquisition of StanCorp Financial Group:

The gravity of this major Japanese life insurer’s decision to acquire StanCorp Financial Group is readily apparent. Meiji Yasuda Life mobilized funds greatly exceeding those that earmarked for M&As under the company’s interim investment plan.
The acquisition transaction totaled around 600 billion yen (about $5 billion), more than double the 250 billion yen (more than $2 billion) outlined in the corporate plan, the Meiji Yasuda Next Challenge Program, formulated in June 2014. The media touted the acquisition as the largest acquisition yet by a Japanese life insurer.

Japan’s life insurance market accounts for a whopping 20% of the global life insurance market, only slightly behind the 22% share made up by the U.S. The market’s compound average growth rate (CAGR) of 3% over the past 10 years and the degree of concentration of profits—the largest five companies account for more than 60 %—indicate the mature nature of the market. At the same time, revision of the company’s Stewardship Code in February 2014 and its Corporate Governance Code in June 2015 have encouraged institutional investors and issuers to seek a greater return on equity (ROE).

With ample capital on hand, the company’s bold strategy of international M&As mandates the diversification of its revenue sources and business portfolio, the establishment of a business foundation in the world’s largest market, and a high level of governance needed to manage differing business portfolios. Given its scale and its current difficulties, there is no doubt that the market will be focused on the moves that Japanese financial institutions make as they seek to pioneer a new avenue toward the future. Japan’s life insurance industry has clearly burst into an age of competition that will place a premium on action and skill when it comes to overseas strategies.

 

3. Nikkei media group’s July 2015 announcement of the acquisition of the Financial Times Group:

The purchase of the Financial Times by Nikkei media group, publisher of Japan’s leading economic daily the Nihon Keizai Shimbun, is a bid to springboard beyond being Asia’s most formidable economic media outlet and to accelerate its evolution and transformation into a global and comprehensive information company.

Already, digital paid subscribers for both of the publications have reached around 1 million readers, a solid community of readership in the capital market and real economy . With their combined resources of reporters, editors, news-gathering networks, and ability to provide information directly from and between the major capital markets of London and Tokyo, the new entity boasts an unprecedented scale and scope for producing content.

The organization can be expected to serve as a global platform for evolution. An integral part of this process is the Nikkei subsidiary Quick Corp., which provides financial and capital market information services. By further enhancing the machine-readable digital content offerings and distribution platform, Nikkei Group with the FT Group under its umbrella could evolve into a global market data provider unlike any the world has ever seen. Celent expects the new group to combine its steady flow of the latest data, timely information, and broad coverage with features including analytical functions and compatibility with digital devices and robo-advisory services.

If this new entity becomes a new economic media powerhouse, potentially even the top in the world, then it can be expected to help accelerate the globalization of Japan’s capital markets.

 

4. M&As, globalization, and things digital:

These three acquisitions have commonalities that offer important insights related to the direction of Japan’s financial business and technology.

  • The transformation of top companies:
    No one in Japan believes that the current exchange rates are at advantageous levels for Japanese companies to be acquiring overseas firms. However, a partial list of major M&As excluding the financial sector following the collapse of Lehman Brothers reads as follows: Canon ($2.82 billion), Japan Post ($6.42 billion), Otsuka Pharamceutical ($3.51 billion), Daiichi Sankyo Company ($4.6 billion), Itochu Corporation ($1.04 billion yen), Kintetsu World Express ($1.21 billion yen), Suntory (1.6 billion dollars), Asahi Kasei Corporation ($3.16 billion), and LIXIL Corporation ($3.84 billion). Clearly, leading companies in segments across the economy are boldly looking abroad.
  • Fundamentally changing of outbound M&As:
    These massive deals are clearly indicative of change, namely geopolitical change. Until this sea change , Japanese firms were focused on smaller deals in Southeast Asia to the tune hundreds of millions of dollars; today they have their sights set on mature Western markets and megadeals that on the order of billions of dollars. There is an analog here to innovation in that these firms are tackling something that extends beyond their capacity to measure with their corporate metrics as they look to buy businesses, brands, and customers that involve unknown elements.
  • Nimble, top-down decision-making:
    The leading companies that were able to make these kinds of crucial decisions involving massive sums of money realized—or even surpassed—the commitments outlined in their overseas business strategies and budgets. Clearly, the swift decision-making witnessed here differs from the traditional image associated with Japan’s manufacturing and financial institutions of being painstakingly bottom-up, slow-developing consensus-building organizations. This kind of top-down approach hinges on strong leadership, external resources (advisory firms) well versed in the company’s strategy, and a rock-solid financial foundation.
  • Keys to success will prove governance and digital initiatives:
    The companies in question here have all gone on record saying that new governance is the key to success. Like technology, it is hard to quantify or put a figure on the value of high-caliber management teams that can be entrusted to skillfully run businesses in areas spanning diverse geopolitical situations. In addition, both technology and management are highly dependent on human resources, which tend to fade with time. This prompts the question of whether these firms will, in their forays into “unknown new lands,” be able to manage their new enterprises well. In the device industry, business and IT are two sides of the same coin and governance that does not take into account both is ultimately not viable. This is an area that has both risk and poses challenges for major global firms.

In addition, technology has become a synonym for digital. In its comments (summarized below) on announcing the acquisition of the FT, NIKKEI noted that the move was part of a larger trend that extends beyond the media industry and into the financial information arena. Replacing the word “media” with “ financial services” and you the comments are essentially a strategy for global financial service players. Digital has drastically shortened the distance between these.

  • Business development that leverages the digital merits of being able to deliver information anywhere in the world instantly will be critical. The conventional relationship between paper and digital media has already been turned on its head.
  • Mergers and acquisitions are spilling beyond borders and regions. In turn, this has increased the significance of forging complementary relationships and increased the meaning of strategically mutually beneficial alliances for the media. The partnering of these major media firms with distinct regional strengths in the West and in Asia opens the door to genuine realignment and innovation.

 

Announcing the winners of the 5th Asia Technology Insurance Awards

Celent and Asia Insurance Review hosted the 5th Asia Insurance Technology Awards (AITAs) at AIR’s CIO Technology Summit at Le Meridien Hotel Jakarta on 1 September 2015. The AITAs recognize excellence and innovation in the use of technology within the insurance industry. This year we received over 30 nominations from Australia, Hong Kong, Taiwan, India, Sri Lanka, Indonesia, and Pakistan; as well as the Asia Pacific divisions of global insurers. There were many impressive submissions, from which our international panel of Celent insurance analysts selected the very best to receive the six awards. The Innovation Award recognizes innovation in business models or in the use of technology. The winner was MetLife Asia. MetLife Asia implemented Advanced Data Analytics to transform big data into customer insights and to deliver a more personalized customer experience – delivering the right products and services, for the right people, at the right time. They are using these insights to inform product and services development, and to deliver sales leads to agents. The company won the award because of the innovative usage of data analytics. The IT Leadership Award honors an individual who has displayed clear vision and leadership in the delivery of technology to the business. The recipient will have been responsible for deriving genuine value from technology and has demonstrated this trait with a specific project or through ongoing leadership. The winner was Girish Nayak, Chief – Customer Service, Operations and Technology at ICICI Lombard General Insurance. ICICI Lombard implemented a business assurance project to address the ever present gap between real business uptime on the ground vs technology uptime. The firm implemented an in-house customer experience center; and deployed an infrastructure as a service model in Microsoft Azure Cloud. These initiatives generate genuine value for the business. The Digital Transformation Award honors an insurer who has made the most progress in implementing digitization initiatives. BOCG Life was the winner. BOCG Life implemented the Electronic Commerce System to provide online needs analysis and policy services. Through a transparent, direct and needs-oriented process, it facilitates prospective customers applying for multiple products they need in one go, and allows customer to adjust the offer according to their budget. The company won the award because of the way it is building trust and developing long-term relationships with customers through digital transformation. The Best Newcomer Award recognizes the best new player in the insurance technology field. The winner was CAMS Insurance Repository Services. CAMS Insurance Repository Services launched the Insurance Repository to provide e- Insurance Accounts to maintain policies as e-policies. This brings new efficiencies and benefits across the stakeholders, including Policy Holders, Insurers, Agents and the Regulator. The company won the award because they demonstrated real, unique value to the ecosystem. The award for Best Insurer: Technology honors the insurer who has made the most progress in embracing technology across the organization. The winner was RAC Insurance. RAC Insurance implemented a series of projects to digitize the business between suppliers, members and RAC Insurance. These projects include Claims Allocation, Motor Repairer Integration, and a B2C platform. The company won the award because of the way technology transformed the organization’s capability by offering an exceptional, one-touch experience for their members through online channels. Finally, the New Business Model Leveraging Mobile Applications Award recognizes the insurer who has developed a new, perhaps disruptive business model involving the innovative use of mobile technology. Max Life Insurance won the award. Max Life Insurance launched mServicing and mApp which enable digital servicing of customers, sales force and operations. The company won the award because of the use of mobile technologies to increase agent activity and engagement, enable speedy issuance of policies, and enhance business quality and operational efficiency. Be on the lookout for the 6th Asia Insurance Technology Awards in 2016. We’ll post another blog when the nomination period opens, sometime around June 2016. You can also find information on Celent’s website: http://www.celent.com/aita.  

グローバリゼーションそしてデジタル

日系最大手企業のグローバリゼーションが止まらない。

いずれも、各セグメントでの過去最高額規模のM&Aを通じて、中長期での収益性と企業価値の増強、グローバルな成長機会と事業ポートフォリオの分散をその戦略的な意義として掲げる。一方で、リーマンショック以降、歴史的な円安局面にある為替相場は、その買収価格の高騰と財務的なリスクを顕在化させている。本稿では、直近のグローバル化動向、その背景とリスク、各セグメントの可能性を展望する。

 

1. 米国スペシャルティ保険グループHCCインシュアランス・ホールディングス社の買収

2015年6月 東京海上ホールディングス 発表
損保業界最大手、海外比率でも最上位の企業が立ち止まらないことに、大きな意義を感じる。買収総額は約9,400億円。経験と実績の豊富な第一人者においてのみ可能な巨額な意思決定は、同社の歴史にまた新たなページを加えた。
同社発表にある、
①海外事業の規模・収益の更なる拡大を実現する
②グローバルに、より分散の効いた事業ポートフォリオの構築を可能とする
③資本効率の向上と持続的な収益成長を可能とする
の3つの方向性は、今後も、日系企業に共通するグローバル展開の方向性と認識される。
為替、金利などの投資条件の考慮以上に、本来事業の規模、範囲そして効率性や高度化を追求する姿勢は、外国人投資家比率の高まりと共に、「物言う株主」から継続的に要求されている。逆に、こうした取り組みが、専ら海外M&Aを通じてのみ顕在化していることは、国内市場の硬直性とそこでの新たな事業機会の困難性を写す。
保険に限らず、金融サービス市場全般について、一層の規制緩和と新規事業者の参入促進が待望される。更には、アウトバウンドM&Aを通じた海外新規事業開拓が、国内既存市場へのシナジー効果をもたらすことが期待される。

 

2. 米国の上場生命保険グループStanCorp Financial Group の買収

2015年7月 明治安田生命保険 発表
中期計画に定めた投下資本金額上限を遥かに上回る投資金額に、日系大手生命保険会社の決意を感じる。
本件投資総額約6,000億円は、同社2014年6月策定の「明治安田NEXTチャレンジプログラム」における上限2,500億円を凌駕する金額規模、日系生命保険のM&Aとして過去最大規模と報じられた。
日本の生命保険市場は、全世界の20%を占め、米国(22%)に次ぐ第二位の規模を誇るが、その成長性(過去10年間の年平均成長率3%)と寡占度(上位5社で60%以上)から成熟市場とみなされる。一方、スチュワードシップ・コード(2014年2月)とコーポレートガバナンス・コード(2015年6月)の改定は、機関投資家と発行体企業に一層のROE経営を促している。
潤沢な手元資金を背景に、果敢な海外M&A戦略を遂行する同社の戦略は、
①全体収益と事業ポートフォリオの多様化、②世界最大市場での事業基盤の獲得、と理解されるが、加えて、
③異なる事業ポートフォリオの管理のための高度なガバナンス能力、が要請される。
その規模と難易度において、新次元に挑む日系金融機関の動向が注視される。生命保険業界においても、確実に、海外戦略の機動力と巧拙を競う時代となった。

 

3. 英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)を発行するフィナンシャル・タイムズ・グループの買収

2015年7月 日本経済新聞社 発表
本件を通じて日経は「アジアで最強の経済メディア」という枠を超え、グローバルな総合情報企業への進化を加速すると感じる。
既に、両紙のデジタル有償購読者は100万人に迫り、資本市場と実物経済における良質なコミュニティを形成している。また、記者や編集の人的資源や取材網、ロンドンと東京の両資本市場に直結した情報提供機能など、前例のない規模でのコンテンツ力が期待出来る。
今後は、グローバルプラットフォームの進化に期待する。その戦略子会社QUICKを通じた金融・資本市場情報配信サービスは、マシンリーダブルなデジタルコンテンツとその配信基盤を拡充することで、他に類を見ない真にグローバルなマーケットデータプラットフォームへの進化を可能とする。データ鮮度やカバレッジに加え、デジタル機器対応とロボアドバイザリーなどの分析機能などが期待される。
世界最強の経済メディアの実現が、日本の資本市場の一層のグローバル化を加速することを期待する。

 

4. M&Aとグローバリゼーションそしてデジタル

この3案件に共通する事柄は、日本の金融ビジネスとテクノロジーに多くの示唆をもたらす。

1) トップ企業の変貌:
現下の為替水準が、日系企業のアウトバウントM&Aに快適な水準であるとは、誰も感じていない。しかし、金融セクター以外の大型案件を振り返ると、キャノン(28.2億ドル)、日本郵政公社(64.2億ドル)、大塚製薬(35.1億ドル)、サントリー(160.1億ドル)、旭化成(22.1億ドル)、LIXIL(38.4億ドル)など、各セグメントのトップ企業が、不断に、果敢に挑んでいる。

2) アウトバウントM&Aの地殻変動:
これらの巨額ディールからは、明らかに地政学的な変化が見出せる。それまでの、将来的な成長を期待した東南アジアの小規模(数億ドル)の取引から、現下の主体は、完全に成長した欧米先進国市場における、自社に無い(若しくは弱い)事業分野のメガディール(数十億ドル)へシフトしている。それは、イノベーションと同様、自社のこれまで培った事業価値尺度では測れない、「見えない事業やブランド、顧客」を買うチャレンジである。

3) 意思決定のトップダウンと超迅速化:
こうした、巨額で高度な意思決定を迅速に行えたトップ企業が、中期計画でコミットした海外事業戦略や予算を、実現(若しくは凌駕)している。明らかに、日本の製造業や金融機関の特長であった、緻密な積み上げによるボトムアップの意思決定プロセスとは、そのスピード感が異なる。このトップダウン・アプローチは、強力なリーダーシップと、その戦略の立案と実行に長けた外部リソース(アドバイザリー・ファーム)の活用、そして盤石な財務基盤の組み合せによってのみ達成される。

4) 成功の鍵は、ガバナンスとデジタル:
各社とも、新たなガバナンスがその成功の鍵と述べている。異なる地政の事業を委ねる、卓越したマネージメントチームの存在は、テクノロジーと並んで、その数値的な評価が困難な資産と言える。また両者は、人に依存し、往々にして経年と共に劣化する。「見えない大陸」で、初めての事業を統治することが果たして可能か?ビジネスとITが表裏一体である装置産業において、両者を切り離したガバナンスは成立しない。ここに、グローバルメジャー各社のリスクと課題が見出される。

また、今日、テクノロジーはデジタルと同義であろう。日経の発表文にある、以下のコメントは、メディアビジネスに限らず、広く金融情報産業全般に当てはまる動向である。「メディア」を「金融サービス」と読み替えれば、そのまま、グローバル金融サービスの戦略となる。デジタルは、両者の差異を限りなく薄めた。

  • 世界のどこにでも即座に情報を届けることのできるデジタルの長所活用した事業展開が欠かせない。既に、デジタルメディアと紙媒体との関係は逆転している。
  • 合従連衡の進展は、国や地域を越え、グローバルな補完関係を持つメディアが戦略的に手を結ぶ意味を拡大した。欧米とアジアという異なる地域で強みを持つ主要メディア同士による本格的な再編は、新機軸を切り開く。

 

 

Innovation and Legacy Modernization in Japan

As a regional unit, Celent Asia covers all of the industries under Celent’s purview: Banking, Insurance, and Securities & Investments. So it can be a bit of a challenge when we put on a Celent conference in Asia to find topics that resonate across all these verticals. Our recent (and sold out) Insight and Innovation Day in Tokyo hit the target by examining two interrelated themes of vital import to many financial firms today: strategies for innovation, and legacy renewal to support these strategies. The event was anchored by not one but two surveys Celent carried out this spring in Japan. A survey of 1,000+ Japanese consumers initiated by Celent’s CEO Craig Weber suggested that highly digital consumers are the best targets for innovative financial services. The challenge, as this survey revealed (and contrary to popular belief outside Japan), is that digitally savvy consumers are still just a tiny minority in Japan. This implies that financial institutions in Japan must not only innovate, but also educate and lead their customers into the digital financial future. The second survey, organized by Celent Senior Analyst Eiichiro Yanagawa, looked at legacy modernization trends at more than 60 banks, insurers and investment firms in Japan. Core system replacement is in full swing, with a majority of firms either planning or in the midst of their legacy transformation initiatives. Significantly, survey respondents indicated that the primary driver for replacing the core is to improve customer service and satisfaction. Which increasingly will require digital support for the customer experience. In a word, innovation. These surveys were modeled on the Celent reports Targeting Innovation: How Your Customers Might Respond and Tracking the Progress in Core Systems Replacement (Global Life and Global P&C editions). We’ll be publishing our analyses of the Japan surveys shortly. This is what our team does best and, I believe, uniquely: apply our global experience to the markets here in Asia to help firms deliver value.

On Innovation

Celent held our most recent Innovation event in Singapore the last week of November, following similar events in New York, Boston, Toronto, Tokyo, London, and, most recently, San Francisco. Most of Celent’s work is focused on specific financial industry verticals, but Innovation is a topic that transcends industry barriers, and so—by design—do many of our Innovation events.

In Singapore we had representation from the entire financial services spectrum—banks, credit cards, insurers, capital markets firms and exchanges. We presented some of Celent’s recent thinking on innovation, much of it from our new innovation survey. But the main event was a peer discussion between the participants themselves.

It was one of the more lively discussions I’ve seen. We set aside two hours for the peer discussion, and it went by in a flash. Participants jostled to get their say in, and the session ended with the feeling that it could have gone several hours more. I think one of the keys was that there were a lot of different types in the room: the abovementioned full spectrum of FIs, from both the business and IT side, and even from compliance.

Everyone was naturally interested in how their “colleagues across the aisles” looked at innovation, how far each had come in achieving it, and what their technology, operational and cultural approaches were—or were not. Participants brimmed with on-the-spot case studies of initiatives at their firms. This was also refreshingly unusual, since firms are often reticent to divulge competitive information and “secret sauces.”

I think the reason for this relatively high level of enthusiasm lies in the industry’s realization that innovation is crucial to long-term success–and considering the rapidly expanding number of disintermediators, and the remarkable success of some of them, maybe even needed for short-term survival.