日本の金融機関におけるイノベーション②:パネルディスカッションから

セレントは、去る6月5日、「イノベーション&インサイト・デー 東京 2014」を開催した。「デジタル金融サービスと新たなイノベーションの取り組み」と題した本イベントでは、セレントによるイノベーションサーベイの報告に引き続き、パネルディスカッションを実施した。
本稿は、本イベント報告の第2回である。

 

当日は、日本の金融業界を代表する5人のパネリストにご登壇頂いた。競合とディスクレーマーの強い圧力の中でのご登壇に、セレントは深く感謝申し上げたい。そして何より、パネリストのイノベーションへの情熱と経験、示唆に富む発言内容には、日本の金融業界の自信が感じられた。以下、発言者は特定せず、日本のイノベーターの「心意気」をまとめる。

 

イノベーションの動機

  • 「顧客の期待に応えるために」
  • 「ユーザニーズの高まりと、それを実現する環境や技術の普及を背景として」
  • 「顧客経験の不都合をなくすことを目的に」
  • 「人の気持ち、生活者の想いを実現する金融サービスの提供を目指して」
  • 「イノベーションとは、企業の宿命である」

 

イノベーションのドライバー

  • 「イノベーションの目的と採用する技術とのアライン(整合)」
  • 「テクノロジーとコンプライアンスの摺合せが重要」
  • 「従業員ひとりひとりの取り組み姿勢(やる気)が加速」
  • 「あくまでマネージメントの意思を反映」
  • 「爆発的な成長への誘惑を絶ち」
  • 「ユニークさに賭ける経営哲学が支える」

 

破壊的イノベーションの脅威と機会
会場からの質問、モデレータ―からの問いかけに答えて、

  • 「イノベーションの機会に、特別なものは無い。日々のマネージメントにイノベーションを反映することが重要、創業以来そうしてきたし、これからも続ける。イノベーションは自然体」
  • 「破壊的なイノベーションに、脅威は感じない。むしろ、業界全体の発展のためには、そうした荒波が必要。そうしたチャレンジは受けて立つし、そのようなチャレンジを続けてゆきたい」

 

最後に、セレントからは以下のメッセージで締めくくった。
経営者は、イノベーションに自信を
イノベーションにおける経営者の責任とリーダーシップの重要性は自明である。一方で、イノベーションは中長期にわたる旅で、時には失敗も許容する必要がある。また、長年かけて培った自らの企業文化すら打ち壊すことも稀ではない。経営者自身のイノベーションへの強烈なコミットメントを要求される。ドライバーとなるテクノロジーは日進月歩だが、確実に成功事例は増えている。経営者には、自信を持って欲しい。

 

破壊的なイノベーションと「改善(カイゼン)」を区分して、前者に取り組む必要性
破壊的なイノベーションが進展しない最大の理由は企業の外ではなく、内に存在する。特に、大企業には以下の性向が見られるが、これらはむしろ破壊的なイノベーションを回避させる。すなわち;

  • 中小企業やスタートアップと比較して、圧倒的に潤沢な資金
  • R&Dに投入できる十分な経営資源(特に、人と技術)
  • (360度のマネージメントが必要な)多様な事業部門と多くの競合
  • 孤立する「ブラックシープ(黒い羊)」

イノベーションを放置すれば、カニバリゼーション(共食い)は、自社のコア業務領域ばかりでなく、あらゆるニュービジネスにおいて発生してしまうであろう。イノベーターを嫌われ者の黒い羊として追放させないために、コア業務における日々のカイゼン(改善)の積み上げと、破壊的なイノベーションを峻別し、後者にこそ、マネージメントとイニシアチブを向けることが重要である。

 

「否定しない」リーダーシップとイニシアチブ
自社の経営資源、特に人材と技術力を信じ、「見えない大陸」や「測れないリスク」、「無消費な消費者」との戦いに傾注することが大切だ。遅々として成果が表れないこうした挑戦における、破壊的なイノベーションの威力を軽視してはならない。そして、常に「肯定的であること」。多様性や異質であること是認し、あらゆる可能性を否定しないリーダーシップとイニシアチブが待望される。

 

今日、産業構造が変わらない業界などどこにもなく、その地殻変動は随所で進展している。デジタルテクノロジーは、商品やサービス、顧客のエクスペリエンスや期待を変化させるだけでなく、価値連鎖やビジネスモデルそのものも、激変させている。

日本の金融業界は、これまでも、卓越したリーダーシップと俊敏な技術導入で発展して来た。人とテクノロジーが支える日本の金融業界、そこでのイノベーションの重要性をセレントは再度強調したい。2つのイノベーションサーベイの結果は、日本の金融業界に一層の変革を促す示唆を与えた。今こそ、イノベーションに関して、トップマネージメントのコミットメントと、テクノロジーベンダーのイニチアチブが期待される。

本イノベーションイベントは、セレント東京にとって、大きな挑戦だったが、サーベイとカンファレンスへの参加者の熱気は、そうした杞憂を一掃した。日本の金融業界は、イノベーションに対して極めて積極的かつ熱心である。セレントは、様々な形で本イベントにご参加下さった、金融業界のプロフェッショナルの皆様に深く感謝し、日本の金融機関におけるイノベーションの成功を熱望する。

 

図 2. イノベーションを支援する組織(金融機関・ベンダー比較)

Innovation survey2

出典: セレント「イノベーションサーベイ」2013/2014

日本の金融機関におけるイノベーション①:2つのギャップ

6月5日、日本の金融業界と金融テクノロジー業界から約120名のご参加を頂き、「イノベーション&インサイト・デー 東京 2014」を開催した。本稿では、本イベントの要諦を2回に分けて報告する。

まず、基調講演において、先月実施した「日本の金融業界におけるイノベーションサーベイ」と、昨年10月にグローバルに実施した調査結果を比較し、そこからの示唆として2つのギャップを報告した。

 

その1:リーダーシップ・ギャップ
1. 重要性認識
「これから数年間、イノベーションは非常に重要。顧客期待は急速に変化しており、遅れないように対応する必要がある」との回答の割合は以下の通りであった。

  • グローバル:79%、日本:81%

・・・・イノベーションの重要性に疑う余地はない。

 

2. イノベーションに取り組むリーダーシップ
「イノベーションの責任者(チーフ・イノベーション・オフィサー)がいる」

  • グローバル:11%、日本:7%

「イノベーションの専門組織(イノベーション・CoE)がいる」

  • グローバル:27% 日本:7%

「イノベーションに関するリーダーシップはCEOレベルの推進者に頼る」

  • グローバル:62%、日本:85%

・・・・イノベーションに対する取り組みについて、トップマネージメントのリーダーシップ不足は明らかであった。

 

3. 3大阻害要因

  • グローバル:①日常業務のルーチン②社内慣習③サポート体制の不備
  • 日本:①社内慣習②経営幹部のサポート不足③日常業務のルーチン

・・・・グローバルにも日本でも、金融機関におけるイノベーションは、その重要性の認識に反して、リーダーシップ不足は鮮明であった。

 

その2:金融機関とベンダー間のギャップ
日本サーベイでは、イノベーションに関するイニシアチブを、金融機関と金融ソリューションベンダーの両セグメントに尋ねたが、両者の間にはもう一つのギャップが垣間見られた。
1. イノベーション推進の経験年数

  • 金融機関とベンダーの間で大きな差異はなく、両者とも、
  • 3年未満:54%、 5年以上:3割強

・・・・金融機関からすると、テクノロジーを供給するベンダーのイノベーションに関する経験は同程度、そのイニシアチブが十分に享受出来る状態では無いとみなされる。

 

2. 組織・体制
「チーフ・イノベーション・オフィサーを任命済み」

  • ベンダー:24%、金融機関:7%

「イノベーション・CoEを任命済み」

  • ベンダー:14%、金融機関:7%

「リーダーシップをCEOレベルの推進者に頼る」

  • ベンダー:67%、金融機関:85%

・・・・ベンダーに一日の長が見られた。

 

3. イノベーションを主導する部門

  • 金融機関:ビジネス部門が主導:30%、IT部門が主導:11%
  • ベンダーのイノベーション提案:ビジネス部門向けは14%、IT部門向け:17%
  • ビジネス・IT両部門での取り組み:金融機関:59%、ベンダー:69%

・・・・・金融機関のイノベーションにおけるIT部門のイニシアチブと、ベンダーのビジネス部門に対するイニシアチブに関して、ギャップが垣間見られた。

 

4. 「デジタル金融サービス」への取り組み
セレントが提唱する、「デジタル金融サービス」(デジタル技術を活用した、革新的な金融サービスの提供)への取り組み状況においても、金融機関とベンダーの優先順位に明らかにギャップが見られた。

  • 金融機関の優先分野:「プロセス改善」、「取引機能拡張」、「商品・サービスのカストマイズ」
  • ベンダーの取り組み分野:群を抜いて「ビックデータ」、「モバイルと双方向通信」、「オムニチャネル」

・・・・金融機関は総じてコンサバティブ、一方、ベンダーはアグレッシブな提案姿勢が浮かび上がった。

 

このギャップは何を意味するのか?新しい(若しくは、流行の)テクノロジーを積極的に提案するベンダーと、その有効性を見出せない(若しくは、評価中の)金融機関の取り組みギャップであろうか?少なくとも、現時点では両者のイニシアチブがきっちりとシンクロしていないことは、残念ながら、容易に想定されよう。また、新たなテクノロジーが、インクリメンタルな(カイゼン的な)イノベーションには適用されても、ディスラプティブな(破壊的な)イノベーションのドライバーとなれているか?
サーベイでは、これら数値で分析出来る項目に加え、自由回答における参加者の貴重な「つぶやき」を記録した。それらの詳細と分析は、近刊のセレントレポート「日本の金融機関におけるイノベーション:マネージメントとイニシアチブのギャップ」をご参照願いたい。

http://www.celent.com/ja/reports/32573

 

図 1. 他業界と比較した、金融機関のイノベーションの進捗レベル認識(グローバル比較)

Innovation survey1

出典:セレント「イノベーションサーベイ」2013/2014