Telematics Car Insurance Services Company

TOYOTA

Aioi Nissay Dowa Insurance Co., Ltd. (AD), Toyota Financial Services Corporation (TFS) and Toyota Motor Corporation (TMC) announced on April 13th that their respective U.S. subsidiaries have established a jointly owned telematics car insurance services company, Toyota Insurance Management Solutions USA, LLC (TIMS).

The aim of establishing the new company is to contribute―from the point of automobile insurance―to the achievement of their vision of a mobile society that is safe, secure and convenient. I'm quite sure that it will have a great impact both on the insurers and the automobile manufacturers. (*1)

Global Telematics (and telematics insurance) industry map, now consists of these three layers: (*2)

  1. Generate the data, and transmit
  2. Accumulates the data, analysis, and sell
  3. Use the data in a variety of applications

Accumulators on the cloud include data analytics vendors and public sector companies like the Credit Bureau. They are facing challenges in exchange services. Among many data users, there are the traditional insurance companies including car insurance, life insurance, and medical insurance, as well as the emerging InsurTech companies. (*3)

 

(*1) New Telematics Car Insurance Services Company to be Launched in U.S.

http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/11775458/

(*2) Insurers and the Internet of Things

http://bit.ly/1pWpizL

(*3) Telematics and Japanese Insurer Business Strategies

http://bit.ly/1WBzquI

テレマティクス自動車保険サービス会社

米国におけるテレマティクス自動車保険サービス会社設立がプレスリリースされました。

成熟し競争の激しい市場において、単なる研究開発に留まらず、実ビジネスを進める日系最大手自動車メーカーと保険会社による今回の挑戦は、新たな経験と大きな成果をもたらし、日本の各業界にも大きなインパクトをもたらすものと確信します。(*1)

先進市場においては既に、IoTデータの①発信②蓄積/分析/販売③活用、といった3階層のサービス分離(モジュール化)が進んでいます。FinTechの取り組みにおいても上記3分野で、新たなサービス事業が誕生しています。(*2)

このような背景の下、今後は、②IoTデータの蓄積/分析/販売による『自動車運転情報のサービスビューロー』となりえたものが成功の鍵を握ると考えます。クレジットカードやローンの審査時に参照する『クレジットヒストリー』と同様に、保険の引受審査時に『安全運転履歴』や『健康管理履歴』が活用される時代の到来を予期します。(*3) (*4)

 

(*1) 米国でテレマティクス自動車保険サービス会社を設立

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11775445/

(*2) IoT時代の保険会社

http://bit.ly/1kbM43L

(*3) テレマティクス保険と、日本の保険会社の事業戦略

http://bit.ly/1Cn0j8f

(*4) テレマティクスの業界地図

http://bit.ly/1SlDLSu

 

IoT時代の保険会社

モノのインターネットは保険会社のビジネスのやり方を大きく変化させる。
だが、その変化はどのような速さで、どの程度なのだろうか?

  • 保険料の引き下げや、リスクコストの削減という保険契約者にとっての価値
  • 損失コストやその他のリスクコストの削減という保険会社にとっての価値
  • モノのインターネットの創造・維持・利用にかかるコスト

モノのインターネットは、保険分野の価値連鎖のあらゆる部分を変化させる。
たとえば、以下の基本的な保険業務プロセスへの影響度はどうか?

  • 商品設計
  • 保険料設定
  • 保険引受
  • 契約者サービス
  • 保険金請求

やがて、損失の減少に比例して保険料も引き下げられる、それは必然的に…

  • 保険業界は規模縮小戦略に転換する?
  • 保険料を大幅に引き下げることになった場合には、経済全体における保険会社の役割縮小を受入れる?
  • モノのインターネットにおける損失削減という役割に注力、そこに代替の収入源を見つける?

セレントは、こうしたIoT (Internet of Things:モノのインターネット)時代の保険会社に、テクノロジー活用をドライブする枠組みを提唱(1) している。

そこでは、
IoTの3 つの構成要素、すなわち、

  1. ネットワーク接続されたセンサーがついたモノ
  2. データストア
  3. 分析エンジン と、

IoTが生み出す3 つの価値、すなわち、

  1. 社内外の現状に関するデータや情報
  2. アナリティクスにより導かれる結論
  3. フィードバックおよび管理プロセス

を、明快に位置づけている。

 

Fig1. セレント IoTフレームワーク

IoTフレームワーク

 

(1) IoT / IoE 、デジタル戦略に関する以下のセレントレポートを推奨する