E-money will play a central role when it comes to information and value transfer in the digital age

The widespread proliferation of electronic money hinges on convenience that transcends that of existing financial services. This convenience is not a replacement for the street corner ATM or convenience store, but rather qualitatively different in that it is part and parcel of the digital lifestyles of consumers.

Until now, financial institutions have gone to great pains to mechanize financial services. But financial services in the digital age must go beyond this to meet the needs of digital natives. This is perhaps best exemplified by person-to-person (P2P) services—namely the transfer of funds between individuals—that are conducted via the Internet.

Now is the time, not to be myopically focused exclusively on improving the bottom line by reducing costs, but rather for players to strive to effectively expand the top line and grow brand value.  There is a distinct possibility that electronic money will play a central role when it comes to information and value transfer in the digital age.

Bloomberg:  Apple’s Fight to Lure Japanese From Cash Starts at Turnstile

 

This area is explored in depth in the Celent reports:

Payments Systems Trends in Japan, Part III: Blueprints for the Next-Generation Zengin System

Innovation in the Japanese Financial Services Industry: Retail Payments

 

DIGITAL8

 

「現金社会」日本で存在感高める電子マネー、取扱額は2桁成長

電子マネーの普及は、既存の金融サービスを凌駕する利便性の提供にかかる。
それは、街角のATMやコンビニの現金の置換ではなく、デジタルライフの中にある。

これまでの金融機関は、金融サービスを機械化して提供することに腐心してきた。
デジタル時代の金融サービスは、デジタルネイティブのニーズを満たす必要がある。
インターネットを使ったP2P(個人間の資金移動)サービスがその代表となろう。

今こそ、コスト削減によるボトムラインの改善に終始せず、
新サービスによるトップラインの拡大とブランド価値の高揚に邁進すべきだ。
電子マネーは、デジタル時代の情報と価値移転の中核となる可能性がある。

ブルームバーグ: 「現金社会」日本で存在感高める電子マネー、取扱額は2桁成長

 

この分野は、以下のセレントレポートに詳しい

日本の銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:銀行業界への提言

日本の決済システムの動向パート3:全銀システム、次期システムの青写真

日本の金融業界におけるイノベーション:リテールペイメント市場における動向

 

Digital transformation