New Hybrid Digital Bank, PurePoint™ Financial

This development marks a true milestone in terms of the global development of Japanese banks.

We have already seen Japanese insurers using M&As as they seek to internationalize their operations, including telematics-based auto insurance, as they enter the fray in cutting-edge financial services in mature markets.

Until now, overseas expansion in Japan’s banking sector has typically started with transaction banking and hinged on wholesale operations (trade finance, foreign exchange, and investment banking services to support the overseas development activities of Japanese companies).

This initiative signifies an expansion into retail operations of locally incorporated subsidiaries in North America with which the bank has a long history and abundant goodwill. This initiative will also provide valuable feedback that can be applied to the Japanese market. To succeed in this market will require meeting the needs of the millennial generation with state-of-the-art technologies such as IoT and AI and conducting operations in a way to develop next-generation digital financial services.

 

S&P Global Market Intelligence:  Mitsubishi UFJ Financial seeks stable dollar funding with new US online biz

NIKKEI: Mitsubishi UFJ expands in US with online banking

 

Celent Report Recommendation: Defining a Digital Financial Institution: What “Digital” Means in Banking

 

ハイブリッドデジタル銀行:ピュアポイント

またひとつ、本邦金融機関によるグローバル展開のマイルストンが刻まれた

既に保険セクターではM&Aによるグローバル事業展開が進んでおり、テレマティクス自動車保険をはじめ、成熟市場における最先端の金融サービスへの参入が始まっている。

これまで銀行セクターの海外展開は、トランザクションバンキングを筆頭に、ホールセール業務(なかでも、日系企業の海外展開を支援する貿易金融や外国為替、投資銀行業務)が中心であった。

本取り組みは、長い歴史と強い暖簾を持つ北米現地法人における個人向けリテール業務の展開であり、その挑戦と成果は、日本市場へこれまでにないフィードバックをもたらすであろう。

ミレニアム世代のニーズにマッチしたIoTAIなど最先端のテクノロジー活用と、相応しい事業体の運営による次世代デジタル金融サービスの展開が大いに期待される。

 

関連したセレントレポートの推奨:

バンキングにおける「デジタル」とは何か

日本の銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:銀行業界への提言

 

– Click to read more

 

 

 

Asia Insurance CIO Technology Summit에 다녀와서…

2016년9월5-6일에 싱가포르에서 개최된 Asia Insurance CIO Summit를 다녀왔다. 100명 가까이 되는 참가자들이 모여 성황리에 끝났다. 보험사, IT업체 그리고 스타트업들이 모여 자리를 빛냈다.

이틀간에 걸쳐 열린 이 이벤트의 첫날째는 보험업계의 방향성을 논하는 발표들이 눈에 띄었다. 접근방식에 다소 차이는 있으나 고객중심적으로 발전해가야 한다는 이야기가 많았다. 또 첫날째에는 저희 Celent가 심사위원을 맡은 제6회 Asia Insurance Technology Awards 시상식도 있었다. 모든 사례를 보고 수상자 선정을 한 저이지만, 발표를 보고 다시금 놀라웠다. 특히 PetSure (Australia) Everledger와의 만남은 인상 깊이 남았다. 응모용지나 기사에서는 못 느낀 기세를 느끼며 압도 당했다. 앞으로의 계획도 이야기를 나누어 주셨다. 그 이야기를 들으니 더 흥미진진해졌다. Celent에서는 이러한 best practice들을 수집하고 추적 관찰을 하고 있고, 앞으로도 그럴 것이다.

이틀째는 스타트업을 중심으로 한 InsurTech 관련된 이야기가 이어졌다. AI를 활요한 보험업계의 접근 방법, P2P 보험의 진화에 관련된 발표들이 인상에 특히 남았다. 그 중 싱가포르에서 창업된 P2P보험사 Insubee의 동영상을 소개한다.

https://www.youtube.com/watch?v=G-lv_4VHCAk&feature=youtu.be

본격적인 서비스 개시는 내년 초를 게획하고 있다고 한다. 초기에 나왔던 P2P보험의 약점을 보완한 비즈니스모델이라는 평가다. 서비스가 개시된 뒤, 이 모델이 어느 정도 받아들여지는지 궁금하다.

Asia Insurance CIO Technology Summit에 참여해 여기에서는 못 쓰는 이야기들도 다양하게 보고 듣고 왔다. 더 자세한 디스커션을 원하시는 분은 아래 연락처로 연락을 주시기 바란다.

공경순 (Celent analyst) kkong@celent.com  
Mr. Yuya Fukumori (Celent account manager 한국시장 담당) yfukumori@celent.com

 

クラウド第2幕

大手金融機関グループにおける、包括的なITソーシング契約が発表された。こうした取り組みが続くことで、レガシーなシステム基盤が現代化されるだけでなく、レガシーなビジネスモデルは完全に淘汰されるであろう。

IaaSとPaaSのクラウドシステム基盤と、ハイブリッドに連携するSaaS、ビックデータ・アナリティクスやIoT、AIなどの新サービスが、レガシーの現代化だけでなく、イノベーティブな新ビジネスのインキュベーターとなる。そしてその先には、APIの解放からオープンイノベーションの扉が開く。

汎用的なITゼネコンにとって、恐ろしい時代となった。こうした取り組みは、日本のSIベンダー各社には、大きな警鐘と聞こえるはずだ。一方で、尖鋭的なアプリケーションベンダーは、迅速にその採用を決めた。そして、ローレイテンシーな世界でも、イノベーションへの環境を整えてゆく。

破壊的なテクノロジーは、既に、身近に存在する。イノベーションへの河を渡るためには、その動機と革新を恐れない勇気が必要だ。ITは、もはやイノベーションのバリアではない。明らかにドライバーである。

2016年は、「クラウドファースト」から「イノベーションファースト」へ、クラウドの第2幕が開く。

 

Disruption and Disruptors, Part 3: UX Disruption

This post illustrates how Japan’s mobile carriers, which have disrupted the mobile phone industry, are creating technology businesses that will form the core of the mobile Internet era. This is instructive in that it illuminates elements that will be essential for creative destruction. Ultimately, the challenges undertaken by mobile carriers should serve as a significant catalyst for the financial services industry.

The first addresses the initiatives of management. The second is about how the application of new technology is disruptive to existing and established ways of thinking. This third post deals with innovations in user experience (UX) portended by disruptive technology  that were also addressed at SoftBank World 2015.

 

3. Watson Global Partner (introducing corporate partner initiatives):

The presentation showcased a number of advanced initiatives undertaken at domestic and international corporate partners. These included efforts spanning in-store examples as well as customer service, advertising, work style, security, and contents delivery—all areas that hint at potential innovation applications in financial services. Here Celent  will touch upon cases in the area of user experience (UX) made possible by disruptive technology.

 

Go Moment: Mobile concierge to improve hotel stays through innovation

  • Go Moment caters to clients in the global hospitality industry. Major international hotel chains are increasingly subject to competition that goes beyond price as comparisons of service ratings online become more important. Go Moment is providing a UX that from the moment a guest checks in harnesses online support for a mobile, local, and personal touch.
  • It is easy to imagine  such a UX repurposed and applied at financial institution branches.
  • Ivy for hotels by Go Moment
  • Go Moment

 

Pathway Fit: Mobile mentor to coach users to better health

  • Pathway Fit is designed to meet many needs of consumers that want to live healthier lives. It is both mobile and personal, proposing optimal lifestyle choices for users in their daily lives. Pathway Fit’s UX takes the form of a virtual healthcare mentor, beyond which more formidable and reliable medical support can be expected.
  • It is easy to imagine innovative applications of this UX being used to offer support to insurance policyholders and underwriting.
  • Pathway Fit
  • Pathway

 

Disruption is coming to UX at financial institutions and in the financial industry, and, here again it is entrepreneurs steeped in the newest  technologies (IoT, AI, and smart robots) who have tired of existing financial service experiences that are the purveyors of this disruption .

 

SBWorld2015_2

 

Disruption and Disruptors, Part 2: Disruption of the established way of thinking

This post illustrates how Japan’s mobile carriers, which have disrupted the mobile phone industry, are creating technology businesses that will form the core of the mobile Internet era. This is instructive in that it illuminates elements that will be essential for creative destruction. Ultimately, the challenges undertaken by mobile carriers should serve as a significant catalyst for the financial services industry.

The first addresses the initiatives of management. This second post discusses the application of the latest technology to disrupt existing paradigms.

 

2. Disruption: Cutting-edge technologies that Create and Disrupt (Ken Miyauchi keynote session):

President Miyauchi spoke about Pepper and Watson as both agents of disruption and creation in the context of customer service and how people work.

Customer service revolution:

  • The time when robots will offer customer service is only a few years off. SoftBank is planning to deploy Pepper robots as store staff at more than 3,000 SoftBank and Y!mobile shops nationwide.
  • Monthly rental rates for Pepper robots are around 50,000 yen (about $420). Not being subject to labor and overtime regulations, robots offer the benefit of being able to work around the clock. This is seen greatly enabling some  business to cut costs. In addition, all information is processed in the cloud and robot-offered services can be expected to lead to optimal customer service because cameras and sensors record interactions, noting customer characteristics, interaction time, and can survey customers about their opinions—all without bias.

Revolution in work style:

  • AI will trigger a revolution in how people work. Working with IBM, SoftBank will help further develop Watson in Japan to create cognitive computing business powered by AI. Watson, with its ability to learn from experience (so-called deep learning) and draw on a vast pool of information for hypotheses and verification will open the door to a revolution in business possibilities.
  • SoftBank will develop business applications using Watson including what has been dubbed SoftBank Brain—an internally housed version of Watson that will offer business support. Coupling SoftBank’s data with that of Watson will spawn a revolution in operational efficiency through devices such as smartphones.

SoftBank’s management was clear in its approach: they intend to create and spread something that will contribute to greater productivity. Some SoftBank devices are already outfitted with features that allow advice to be given based on statistical data. Moving forward, the company will move to introduce this technology  across a broader scope, including call centers and at corporate clients. The targets of their disruptive activities are equally clear: established paradigms  and business processes inside companies. Miyauchi explained that since its founding, the company has sought out and aggressively adopted cutting-edge technology even if doing so was potentially disruptive to its existing business operations.

 

SBW_2015_2

SoftBank World 2015 Keynote Session Ken Miyauchi

 

The need for a revolution in customer service and working style is something that applies to all companies. Celent  believes that the ensuing creative destruction resulting from the combination of IoT, AI, and smart robots could well reshape the world in a way that rivals the industrial revolution. Of course, financial institutions in Japan are also beginning to sit up, take notice, and undertake initiatives.

Disruption is already manifesting itself at financial institutions amidst the preconceived ideas and existing paradigms of the financial industry. The disruptors of this are entrepreneurs and companies that are well versed—more so than the financial services sector—in the disruptive capacity and have demonstrated what this technology can do.

 

Disruption and Disruptors, Part 1: Initiatives of the Disruptors

SoftBank Corp. and SoftBank Commerce & Service Corp. held a massive two-day event for corporate customers on July 30 and 31. A record nearly 20,000 people turned out to participate in SoftBank World 2015. The fourth iteration of the event, it featured keynote addresses from SoftBank management and guests as well as 73 special speeches and sessions.

This post illustrates how Japan’s mobile carriers, which have disrupted  the mobile phone industry, are creating technology businesses that will form the core of the mobile Internet era. This is instructive in that it illuminates elements that will be essential for creative destruction. Ultimately, the challenges undertaken by mobile carriers should serve as a significant catalyst for the financial services industry.

I have broken this post down into three parts. The first addresses the initiatives of management. The second is about how the application of new technology is disruptive to existing and established ways of thinking. The third touches upon how disruptive technologies engender innovation in the user experience (UX).

 

1. The Information Revolution: Stepping from Today into the World of the Future (Masayoshi Son keynote session):

In his keynote talk, Chairman Son gave three spheres of technology that will drive the information revolution: Internet of Things (IoT), artificial intelligence (AI), and smart robots.

  • IoT: IoT is at the heart of almost all industries today. People do not exist in isolation and they communicate. The world is moving toward a time when all things—people and things—will be connected. Just as the smartphone dramatically changed the way we live, IoT will similarly precipitate an industrial revolution.
  • AI: Artificial intelligence is just around the corner. The year 2018 is supposed to mark the crossover point when transistors in machines are to supersede the capacity of brain cells synapses . The roughly 30 billion cells in the human brain will not change, but the number of transistors will and the singularity —the day when artificial intelligence transcends that of human—will come. AI will make it possible to handle tasks that people find distasteful, and allow mankind to change and focus attention on more worthwhile themes and endeavours. This too will be the starting point of a revolution.
  • Smart robots: SoftBank aspires to offer smart robots that maximize the use of artificial intelligence rooted in enhanced knowledge and intelligence rather than robots that do mechanical tasks. By 2040, any product that moves will be a smart robot—meaning they will be equipped with AI. Moreover, their total number will eclipse the number of people on earth. If the age of AI is inevitable, then we should strive to create robots that are pure of heart and have a kind view toward people. We want to create robots that can emulate the creation of emotions like people and can think and move on their own.

SoftBank’s approach is one in which its mobile Internet operations will be at the heart of its IoT initiatives; collaboration with IBM’s Watson will be at the core of its AI work; and, Pepper for Biz will be the key to SoftBank’s smart robot initiatives.

Management at SoftBank is committed to efforts in these three spheres and to realize a growth strategy enabled by synergies between the latest technology and business models.

SoftBank simultaneously announced the themes for the inaugural year of the SoftBank Innovation Program, under which it will solicit innovative solutions and technologies from around the world with an eye to jointly commercializing them. The four key themes are smart homes, connected vehicles, digital marketing, and healthcare .

Financial services were not included, but will likely  be indirectly affected because initiatives in the areas of residences, vehicles, marketing, and medicine will impact the lives of consumers and can be expected to spillover into the financial services industry. Put another way, this raises the question what financial services existing financial service providers can offer to digitally savvy companies and consumers familiar with the latest in technology (IoT, AI, and smart robots). These firms must both be firmly in step with the latest in digital consumer trends as well as be able to respond to digital technological developments such as in these areas—IoT, AI, and smart robots—if they are to be able to take the initiative.

Disruptions continue to take place outside financial organizations and the financial industry; these disruptors—the entities precipitating these disruptive activities—are driven by entrepreneurs with an understanding of technology than transcends that of financial service providers.

 

SBW_2015_1

SoftBank World 2015 Keynote Session Masayoshi Son

 

ディスラプションそしてディスラプター(その3)

ソフトバンク株式会社とソフトバンク コマース&サービス株式会社は、2015年7月30~31日の2日間にわたってグループ最大規模の法人向けイベント「SoftBank World 2015」を開催、2日間で延べ約2万人の聴講者数は過去最高を記録と発表した。今年で4回目を迎えたこのイベントでは、ソフトバンクグループの経営陣およびゲストによる基調講演のほか、2日間合計で73の特別講演とセッションが展開された。

本稿では、日本のモバイルキャリア企業が、既成の携帯電話事業を破壊し、モバイルインターネット時代のコアテクノロジー事業を創造する姿を描出する。そこに は、創造的破壊に必要な、幾つかの示唆が見出せる。金融サービス産業は、こうしたモバイルキャリアの挑戦に、大いに触発されるはずだ。

第3回では、破壊的なテクノロジーがもたらすUX(ユーザー体験)革新について言及する。

 

3. Watson グローバルパートナー (パートナー企業の事例紹介から)

事例紹介のセッションでは、国内外のパートナー企業による、多数の先進事例が発表された。「店舗」「接客」「広告」「ワークスタイル」「セキュリティ」「コンテンツデリバリ」などの各適用領域で、いずれも、今後の金融サービス革新につながる多くの示唆が含まれた。その中から、破壊的なテクノロジーがもたらすUX(ユーザー体験)の事例を紹介する。

Go Moment: モバイルコンシェルジェが革新する、ホテルライフ

  • Go Momentの顧客は、グローバルなホスピタリティ産業である。グローバルメジャーのホテルチェーンも今や、比較サイトによる、価格以上の「レビュー」というサービスレーティングの圧力に晒されている。Go Momentの提供するUXは、ホテルにチェックインの瞬間から、モバイルでローカルかつパーソナルな、オンラインサポートを実現する。
  • このアプリが実現するUXから、日本の金融機関店舗に適用した姿が想像出来よう。金融機関店舗のUX革新がイメージされる。
  • Ivy for hotels by Go Moment
  • Go Moment

Pathway Fit: モバイルメンターがコーチングする、健康生活

  • Pathway Fitは、健康に暮らしたいあらゆる生活者の願望を叶える。モバイルに、パーソナルに、生活者の日常に対峙し、最適な生活習慣を提言する。Pathway FitのUXは、バーチャルなヘルスケア・メンターを提供する。そして、その先には、より確かな医療サポートが控える。
  • このアプリが実現するUXから、日本の保険の契約者サポートと事後査定商品に適用した姿が想像出来よう。保険サービスのUX革新がイメージされる。
  • Pathway Fit
  • Pathway

 

ディスラプションは金融機関、金融業界のUX(ユーザー体験)のなかから起き、ディスラプターは既存の金融サービス体験に飽き足らない、最新技術(IoT、AI、スマートロボット)を駆使した企業家である。

SBWorld2015_2

 

ディスラプションそしてディスラプター(その2)

ソフトバンク株式会社とソフトバンク コマース&サービス株式会社は、2015年7月30~31日の2日間にわたってグループ最大規模の法人向けイベント「SoftBank World 2015」を開催、2日間で延べ約2万人の聴講者数は過去最高を記録と発表した。今年で4回目を迎えたこのイベントでは、ソフトバンクグループの経営陣およびゲストによる基調講演のほか、2日間合計で73の特別講演とセッションが展開された。

本稿では、日本のモバイルキャリア企業が、既成の携帯電話事業を破壊し、モバイルインターネット時代のコアテクノロジー事業を創造する姿を描出する。そこには、創造的破壊に必要な、幾つかの示唆が見出せる。金融サービス産業は、こうしたモバイルキャリアの挑戦に、大いに触発されるはずだ。

第2回では、最新テクノロジーの適用による既成概念の破壊について言及する。

 

2. Disruption~最新テクノロジーによる創造と破壊~ (宮内 謙氏講演から)

宮内氏は、PepperとWatsonが破壊そして創造する対象として、「接客」と「ワークスタイル」を掲げた。

接客革命:

  • ロボットによる接客の時代が数年後にやってくる。ソフトバンクは、Pepperを、今後全国3000を超えるソフトバンクショップやワイモバイルショップに店員として投入することを計画している。
  • Pepperは月あたりのレンタルコストが5万程度。残業規制なく24時間稼働し、大幅なコスト削減が期待できる。加えて、すべての情報をクラウドで処理していることから、カメラやセンサなどから接客した人の属性や、接客時間、アンケートによる接客の感想などを、属人的なバイアスなく収集し、より最適化された接客につなげられる。

ワークスタイル革命

  • 「ワークスタイル」に革命を起こすのがAI。IBMと提携し、Watson の日本展開を進め、AIによるコグニティブ・コンピューティングを実現する。膨大なデータからさまざまな仮説や検証ができ、さらに経験から学習する能力(Deep Learning)も備えたWatsonが、今後幅広い業務に革命をもたらす。
  • Watsonのビジネス活用を提案すべく、自社内にWatsonを用いた業務支援システム「SoftBank BRAIN」を構築する。Watsonが持つ情報と自社のデータを組み合わせ、スマートフォンなどから利用することで業務効率に革命を起こす。

ここでも、経営者のイニシアチブは明確である。「自分たちで本当に使ってみて、完璧に生産性向上に貢献するものを広めようというのが我々のポリシー」。既に、ソフトバンクショップの一部機器にはその機能が搭載されており、統計データをもとにアドバイスする仕組みを設けている。今後はコールセンターや法人営業など、複数の部門での導入を進め、検証を進めていくとしている。破壊する対象も明確である。それは、企業内に存在する様々な既成概念と業務プロセス。そして、創造のためには、「創業以来、最先端のテクノロジーを自ら発掘し、自身の既存事業を破壊する新しい技術であっても積極的に採用してきた」。

 

SBW_2015_2

SoftBank World 2015 基調講演 宮内 謙

 

接客とワークスタイルの革命の必要性は、全ての企業に該当する。IoT + AI +スマートロボットによって創造的に破壊される対象として、正に、産業革命の予感がある。

勿論、日本の金融機関においても、その試行は着手されている。

次世代チャネル構築への取り組みについて

独自のアプリケーションを搭載した「Pepper」を導入

 

ディスラプションは金融機関、金融業界の既成概念の内で起き、ディスラプターは金融サービス以上にそのテクノロジーの破壊力を熟知し、自ら実証した企業家である。

 

ディスラプションそしてディスラプター(その1)

ソフトバンク株式会社とソフトバンク コマース&サービス株式会社は、2015年7月30~31日の2日間にわたってグループ最大規模の法人向けイベント「SoftBank World 2015」を開催、2日間で延べ約2万人の聴講者数は過去最高を記録と発表した。今年で4回目を迎えたこのイベントでは、ソフトバンクグループの経営陣およびゲストによる基調講演のほか、2日間合計で73の特別講演とセッションが展開された。

本稿では、日本のモバイルキャリア企業が、既成の携帯電話事業を破壊し、モバイルインターネット時代のコアテクノロジー事業を創造する姿を描出する。そこには、創造的破壊に必要な、幾つかの示唆が見出せる。金融サービス産業は、こうしたモバイルキャリアの挑戦に、大いに触発されるはずだ。

第1回では、経営者のイニシアチブについて、第2回では、最新テクノロジーの適用による既成概念の破壊について、第3回では、破壊的なテクノロジーがもたらすUX(ユーザー体験)革新について言及する。

 

1. 情報革命で、今日、次の世界へ (孫 正義氏講演から)
孫氏は、革命の発生源として、3つの技術領域を挙げた。IoT、AI、そしてスマートロボットである。

  • IoT: IoTは全ての産業の中心となっている。人間は一人では存在しない。コミュニケーションして存在している。人と人、人とモノ、モノとモノが繋がる社会が到来する。スマホが人のライフスタイルを変えたように、IoTは産業革命をもたらす。
  • AI: 間もなく到来する2018年は、脳細胞のシナップスとトランジスタのクロスオーバータイミング。人間の脳細胞は、300億個と変わらないが、トランジスタの数は増え続け、シンギュラリティ(技術特異点)は必ず到来する。人口知能は、人間が苦手なことに対応し、人間が対峙すべきテーマが変わる。ここにも、革命の起点がある。
  • スマートロボット: 機械的な作業よりも知恵や知識を強化した、人工知能を最大限活かしたスマートロボットを提供したい。2040年には、動くもの全てがスマート(人工知能を搭載した)ロボット化し、その数は全人口を超える。人工知能が人間を超える時代が避けられないならば、ハートが綺麗で優しく人間を思いやるロボットと一緒に暮らしたい。人間の感情生成をエミュレートして自ら考え動くロボットを作りたい。

IoTが、自社のコアであるモバイルインターネット領域、AIは、IBM Watsonとの協業、そしてスマートロボットは、Pepper for Bizである。そして、経営者のコミットは、このコア3領域でのイニシアチブとその最新テクノロジーとビジネスモデルのシナジーによる成長戦略の実現であった。

同時に発表された、革新的なソリューションや技術を世界から幅広く募集し、共同で商用化を検討・実現する「ソフトバンクイノベーションプログラム」の初年度テーマは、「スマートホーム(家電製品や設備機器などをインターネットと接続して制御する住居)」「コネクテッド・ビークル(インターネットと常時接続している自動車)」「デジタルマーケティング」「ヘルスケア」の4領域であった。

金融サービスは含まれないが、住居、クルマ、マーケティング、医療のいずれもが、金融サービスを利用する生活者のライフスタイルそのものを変貌させることで、また一層、新たな金融サービス産業への期待は高揚する。逆に言えば、既存の金融サービス事業者にとって、最新技術(IoT、AI、スマートロボット)に慣れ親しんだデジタル消費者、デジタル企業に応える金融サービスとは何か?自らのデジタル技術、IoT、AI、スマートロボットへの対応のみならず、こうしたデジタルコンシューマー動向の理解なくして、イニシアチブはとれない。

今日、ディスラプションは金融機関、金融業界の外で起き、ディスラプターは金融サービス以上にテクノロジーを熟知した企業家である。

 

SBW_2015_1

SoftBank World 2015 基調講演 孫 正義