Blueprints for the Next-Gen Zengin, Part 3

The global financial market has changed dramatically since the 6th Generation Zengin System launched in 2011. Digital advancements have been followed by additional across-the-board digital advancements, so much so that customers are no longer even slightly interested in non-electronic financial transactions. The millennial generation, weaned on the Internet and things digital, and refusing to suffer the inconvenience of anything too analog, is fueling this trend. The Arab Spring, Occupy Wall Street, and the Umbrella Revolution protest movement in Hong Kong made all too clear that financial inclusion is no longer a theme limited to emerging economies. Acute and rapid changes in digital and financial literacy are spurring fragmentation in the financial market, and centralized architecture is clearly reaching its limit if not its breaking point.

These dramatic social changes have also completely altered the financial and payment services landscape. In times of confusion and upheaval, a comprehensive conceptual framework that can guide us toward a better future is essential. Toward this end, Celent uses its payments taxonomy and payments value chain frameworks as lenses to examine evolution in the payment sector. Payments innovation is also informed by change in the behavior of payment services users and exists in the context of the payments value chain. Service providers see this field as a blue ocean, a market space ripe for pioneering new payment initiatives.

When viewing the already operational new BOJ-NET and the new Zengin System that will succeed them both from a perspective that sees them as legacy systems, this market space should be seen as red ocean, already home to intense competition. At the same time, despite the maturity and competitiveness in this area, there are challenges that include effectively harnessing the existing robust social infrastructure and continuity related to data, assets, and experience. These issues should be considered in the context of how best to make the legacy system coexist and thrive with the new system.

 

Figure 3: Conceptual Diagram for Financial and IT Network System

Zengin_FIG3  Source: Financial System Council, Celent

 

Just published a new report:

Payments Systems Trends in Japan, Part III: Blueprints for the Next-Generation Zengin System

 

Blueprints for the Next-Gen Zengin, Part 2

The Zengin System is an online data communications system that was launched in 1973. For more than 40 years, both linked entities and transaction volume have increased, and the system has experienced multiple system renewals to accommodate and benefit from advancements in technology. The existing Zengin System, officially known as the 6th Generation Zengin System, began operating in November 2011. In operating the exchange transaction settlement system, the 6th Generation Zengin System plays a crucial role as the central counter party (CCP) and functions as a system platform with an array of key features. The system is a broad-ranging network that covers all of Japan and is defined by consistently advanced levels of security and reliability.

Following the launch of the 6th Generation Zengin System, the BOJ has continued to discuss and search for ways to improve Zengin Net. In December 2014, the JBA and Zengin Net jointly released deliberation results on the Zengin System. The document called for expanded hours of operation, articulated concrete policy, and described the current state of awareness of financial electronic data interchange (EDI) in the financial industry.

Furthermore, in 2015, a working group operating under the Financial Services Agency’s Financial System Council and tasked with improving payment operations compiled the results of two years of discussions in a report entitled “Strategic Initiative for Advancements in Payments and Transaction Banking.” The final version of the document was released in December 2015. The paper contained policy priorities and concrete policy plans regarding the basic direction for the progress in payments, initiatives for the retail sector, the wholesale sector, payment infrastructure reform, and the approach to virtual currency initiatives. In the segment on payment infrastructure, the report put forth five reforms hinging on the Zengin System. It also called for fundamentally enhancing features of the payment infrastructure as well as realizing one common and integrated payment environment that caters seamlessly to both domestic and overseas transactions, and it spelled out a clear deadline for migrating from legacy environments.

 

Figure 2: 6th Generation Zengin System

Zengin_FIG2  Source: BOJ, JBA, Celent

 

Just published a new report:

Payments Systems Trends in Japan, Part III: Blueprints for the Next-Generation Zengin System

 

Blueprints for the Next-Gen Zengin, Part 1

This post series examines initiatives to accelerate the development of Japan’s payment infrastructure through the lens of the Zengin System—the heart of this infrastructure. In addition, this series distills how cutting-edge technology is being applied and imagines the evolution of the financial services landscape as we enter the rapidly evolving, brave new world of fintech, or financial technology.

***

The Zengin System is the network system behind Japan’s payment settlement system, linking domestic financial institutions online and enabling the transfer of money such as remittances between banks, including payroll. Since its launch in 1973, the system has been renewed multiple times and has grown in terms of transaction volume, connections to financial institutions, and accommodating the latest in technological innovation. Put simply, the Zengin System and the Bank of Japan Net system (BOJ-NET) have played instrumental roles in Japan’s financial market infrastructure, made up in part by the interbank payment network and payment and settlement system.

At the heart of Japan’s interbank payment settlement system is the BOJ-NET Funds Transfer System (BOJ-NET). BOJ-NET is used for a broad range of payments including settlement of cash transfers between financial institutions in addition to settlement for transactions of securities such as Japan Government Bonds and derivatives transactions. Settlements for transactions of funds involving current account deposits at the Bank of Japan are processed via BOJ-NET account deposits.

Meanwhile, the Domestic Fund Transfer System provides centralized settlement of funds between participating financial institutions for domestic exchange transactions including payments. The transactions are processed by the Zengin Data Telecommunication System (Zengin System), under the management of the Japanese Banks’ Payment Clearing Network (Zengin Net), which was established by the Japanese Bankers Association (JBA). Net differences in payments among participants are settled via the BOJ-NET FTS. In other words, the Zengin System, in addition to undertaking settlement of funds transfers between financial institutions via BOJ-NET, also serves as the hub system, sending, receiving, sorting, and aggregating fund transfer messages—the backbone of the payment services underpinning the nation’s financial system.

 

Figure 1: Japan’s Payments System

Zengin_FIG1 Source: BOJ, Celent

 

Just published a new report:

Payments Systems Trends in Japan, Part III: Blueprints for the Next-Generation Zengin System

Looking Beyond Brexit: In Today’s Connected World, There is No True ‘Exit ’

Brexit-1 Source: Nikkei

A storm of momentous scale hit financial markets as it became clear that UK voters had decided to leave the EU. This certainty drove investors to seek lower-risk assets and triggered a spike in yen buying. The yen surged more than 7 yen against the dollar—as the currency marked the most volatile day in its history. Indeed, the initial impact from the UK vote was greater in Tokyo than the immediate shock following the collapse of Lehman Brothers. In around a three-minute span a bit past 11:40 AM on June 24, the yen jumped from 103 yen to 99 yen versus the dollar; likewise, over a few hours the yen skyrocketed nearly 20% versus the pound, moving from 160 yen to 135 yen.

The “Brexit shock” first jolted the Asian markets, sending the Nikkei average down nearly 8%, the largest drop in 16 years. Markets in Europe followed suit, with Germany and France’s key indices tanking 7% and 8%, respectively, and exchanges in Italy and Spain also reeling. The ensuing sell-off in the UK sent the nation’s FTSE100 (Financial Times Stock Exchange 100 Index) down more than 8% at one point before it settled down 3% on the day after investors began buying back into the market later in the day. The US market was the last major market to feel the initial impact of the referendum, which sent the Dow average tumbling 610.32 points, or 3.4%, to sink to a three-month low.

Brexit-2 Source: Reuters

In short, the vote set off a chain reaction sell-off that rippled across and disappointed capital markets the world. This all prompts the question: What exactly were we expecting?

As one of my esteemed colleagues has already written, we were expecting individual markets integrated into one larger, global market. This vote diverges from that view. The vote will impact the pending merger between Deutsche Börse and the London Stock Exchange Group, and has sent an important message to policymakers that could have implications for the T2S (Target 2 Securities) platform of the European Central Bank and MiFID II (Markets in Financial Instruments Directive), which provides for harmonized regulation of investment services across EU member states. In addition, Europe has been at the forefront in terms of shortening and streamlining settlement cycles, namely with T+1 (transaction day plus one day) in bond markets and T+2 in securities markets. Likewise, London has been at the vanguard in fintech, with its Level39 a very visible and noteworthy pioneering presence. The initiative has continually focused on how to devise innovative business models that fueled by the latest technology and know-how. This has been a debate on innovation divorced from the remain-leave issue and rather presupposing ongoing integration. As the events of June 24 aptly demonstrated, markets are inexorably linked globally, and when it comes to commerce and the flow of capital there is ultimately no out, no real “exit.”

From Monday, jockeying in global markets effectively changed from a focus on low-latency market competition, taking on a new dimension expand the geopolitical strategy discussion over resource allocation. A majority of Japanese companies have their European headquarters in the UK and have positioned the bulk of their regional corporate resources in the suburbs of London. The background to this was a presumption not only that the EU would be a single market, but also that it enabled the companies to be “in” the global market. It is more than likely that companies in addition to HSBC will be re-examining whether they also should “remain” or “leave.”

Across the realms of politics, economics, and currency, information technology has fused together markets across the world. The recent referendum can be said to fly in the face of this historical trend. In either case, it prompts the question whether this is a crisis or an opportunity. Of course, it may be incumbent upon politicians to respond to the excesses of capitalism. However, when it comes to financial services, consumers the world over seek modernization, digitalization, and innovation, not a return to the past.

Do follow our Brexit posts from the insurance team as well.

 

Brexitを超えて:Outはない!

Brexit-1(出典:Nikkei)

為替市場は、猛烈な嵐に見舞われた。英国のEU離脱が確実となり、低リスク資産としての円が一気に買われた。1日の値幅は7円を超え、過去最大の変動率を記録した。東京市場の衝撃は「リーマン・ショック」以上だった。24日の午前11時40分すぎ、わずか3分ほどで1ドル=103円台半ばから99円まで瞬く間に円高が進行、1ポンド=160円が135円と数時間のうちに2割近く急騰した。ネット上の情報が交錯し、離脱が確実との報道が増えるにつれ、円買いは更に強まった。

株式市場の「Brexitショック」はまずアジア市場を襲い、24日の日経平均株価の下げ幅は8%に迫り16年ぶりの大きさを記録した。続く欧州市場は、独仏の株価指数がマイナス7%、8%と大きく下げ、イタリアとスペインの指数も暴落した。英国FTSE100は一時8%超下落したが、売り方の買い戻しも入って終値では3%安だった。最後の米国市場でも、ダウ平均は前日比610ドル32セント(3.4%)安、3カ月ぶりの安値に沈んだ。失望売りの連鎖は、瞬時に地球を駆け巡った。

Brexit-2(出典:Reuters)

キャピタルマーケットはBrexitに失望した。では、我々は一体何に期待したのか?

同僚のアナリストがすでに書いた[1]ように、それはグローバルな市場統合であり、単一市場であった。LSE-DBのマージ[2]は、取引所関係者に大きな刺激となり、TARGET2-Securitie[3]やMiFID II[4]は、政策当局への重大なメッセージとなった。債券市場のT+1、株式市場のT+2[5]も、これまでのところ、欧州市場がリードした。現在のFinTechトレンドにおいても、ロンドンのLevel39[6]が、その先駆けであった。そこでは常に、新しいテクノロジーや知識が駆動する革新的なビジネスモデルが議論された。それは常に、IN(統合)であり、OUT(離脱)ではなかった。金曜日の市場が示す通り地球は連鎖しており、商流も金流も決してそこから離脱できない。

月曜日以降、グローバル市場の攻防は、ローレイテンシーを競う市場から、リソースアロケーションを巡る地政学的な戦略論議に拡大する。日系企業の大半は、欧州本社を英国に据え、大半のリソースをロンドンとその近郊に集中してきた。その背景には、EU単一市場だけでなく、それがグローバル市場へのINを可能としたからであり、再検討を開始する[7]のはHSBC[8]だけでなない。

政治、経済、そして通貨以上に、情報利用技術は世界を融合させた。この流れは止まらず、今回の出来事は歴史的な逆行と言える。この出来事を危機と捉えるか、機会と捉えるか?確かに、政治家は資本主義の行き過ぎに対応する必要があ[9]かもしれない。しかし、こと金融サービスにおいて、消費者の期待はモダナイゼーション、デジタル、そしてイノベーション[10]であって、時代の針を逆行させることではない。

 

[1] To Brexit and beyond! http://wealthandcapitalmarketsblog.celent.com/2016/06/24/to-brexit-and-beyond/

[2] How do you say “Brexit” auf Deutsch? http://wealthandcapitalmarketsblog.celent.com/2016/06/24/how-do-you-say-brexit-auf-deutsch/

[3] The European Post-Trade Ecosystem Under T2S http://www.celent.com/reports/european-post-trade-ecosystem-under-t2s

[4] MiFID II Pre- and Post-Trade Transparency http://www.celent.com/reports/mifid-ii-pre-and-post-trade-transparency-there-light-end-three-year-tunnel

[5] Europe T+2: Is Asia-Pacific Ready? http://www.celent.com/reports/europe-t2-asia-pacific-ready

[6] Fintech accelerators are becoming physical as well as virtual communities http://bit.ly/1oLjby7

[7] 日本企業、戦略練り直し 英EU離脱で関税・為替注視 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04064140V20C16A6EA3000/

[8] HSBC 'to move jobs to Paris if UK leaves single market' http://www.bbc.com/news/business-36629745

[9] How a cautious nation came to tear down the political temple http://www.ft.com/cms/s/0/b90a7278-3a02-11e6-9a05-82a9b15a8ee7.html#axzz4CZSVtXfl

[10] 日本の銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:銀行業界への提言 http://www.celent.com/ja/reports/35018

 

 

今春のカンファレンスを振り返る(その2)

本稿では、今春のアジア3都市での6つのカンファレンスを振り返ります。銀行、保険、証券、ウェルスマネージメントの各業界の議論に共通したキーワードは、フィンテック、デジタル、そしてモダナイゼーションでした。

 

Legacy Modernization Seminar (47日:東京)

http://www.celent.com/news-and-events/events/legacy-modernization-seminar

グローバルなITサービスベンダーの主催するコミュニティミーティングで、「レガシーモダナイゼーション」のプレゼンテーションをしました。

昨年セレントが実施したサーベイ結果は、日本の保険業界におけるレガシーシステムの現代化について、以下の示唆をもたらしました。

  1. 現代化の検討は本格化、既に実施ステージに:置換戦略は、新システムへの置換がバージョンアップやラッピングを凌ぎ、置換理由は、コスト、ITスキルや能力との合致、リスク許容度、が主流である。
  2. 置換プロジェクトの進捗は評価から実施段階へ入るも、新たな解決策(SaaS、BPO)の検討は十分とは言えない。
  3. 最大の課題は自社に最適なプログラムの選定にある。
  4. ビジネスケースの検討は不十分:ビジネスケースはプロジェクトの進捗管理ツールに止まり、ライブドキュメントとして機能していない。
  5. 現代化の進展による、ビジネス部門、IT部門の役割変化は、未だ責任分担を変化させるには至っていない。

この現状認識に基づき、カンファレンスでは、以下を議論しました。

  1. レガシーモダナイゼーションのフレームワーク
  2. 組織の優先課題と自社のリスク許容度の掌握
  3. スコープ定義

そしてレガシーの再生産をしないモダナイゼーションのKFSとして、以下を提唱しました。

  • 自動化とその複雑系への適用
  • コアスタンダードの確立と、ローカルバリエーションの許容
  • ソーシングモデルの見直し

ここでもまた、「フィンテック」「デジタル」が共通の話題でしたが、IT部門の最大の課題は、やはり「レガシーモダナイゼーション」にあります。それはITシステムの更新や新技術の導入だけでなく、IT部門の体制やイニシアチブの在り方にも大きく依存します。カンファレンス参加者の問題意識は、「データ移行」「プログラムコンバージョン」「コンフィグレーション」から「クローズド・ブック」のBPOまで、実に多様なテーマに及びました。

4

http://tekmonks.com/beta/beta/brochure/FI-Consulting.html

 

Tokyo Financial Information & Technology Summit  (412日:東京)

http://www.celent.com/news-and-events/events/tokyo-financial-information-technology-summit

キャピタルマーケットのトピックスも変化しています。

例年同様、東京金融情報&技術サミットのパネル運営をサポートしました。今年のカンファレンスでは、ウェルスマネージメント、フィンテックを新たなトピックスとして加え、「信託ビジネス」と「ブロックチェーン」のパネルをモデレートしました。

「信託ビジネス」パネルでは、以下のトピックスで議論しました。

変貌する個人金融市場と資産運用ビジネスの現状認識について:

  • 「貯蓄から投資へ」の潮目の変化(NISA、投信、ラップ口座)
  • ゼロ金利の影響
  • ターゲットとするセグメント

個人向け資産運用ビジネスへの取り組みについて:

  • 新チャネルの状況(対面チャネル、非対面チャネル、ハイブリッド)
  • プロセスの改革の度合(分析と自動化の活用度合)
  • オペレーション革新の状況(商品・サービス、IT、組織・体制の革新)

資産運用ビジネスにおけるイノベーションのドライバーと挑戦:

  • テクノロジー活用(チャネル、分析・自動化、商品・サービス)
  • データ活用(投資サポート情報、投資商品データ、投信データ)
  • FinTech活用(組織・体制、新市場とコミュニティの拡大)

日本のリテール証券・信託マーケットにおいても、ウェルスマネージメントビジネスとそこでのテクノロジー活用が重要テーマとなっています。

 

「ブロックチェーン」パネルでは、「資本市場」を中心とした「ブロックチェーン」の可能性、POCへの期待を議論しました。論点は、以下の3点でした。

  • 取引の透明性、コスト削減への効果期待と実現方策
  • 金融サービス事業適用の条件、POCに期待する成果
  • 期待される、ビジネスケース

ブロックチェーンを巡る議論は、「探索」の段階から「実証」の段階に入ったと感じました。また、カンファレンスの議論を通じて、以下の示唆を見出しました。

  • この技術は、多くの市場参加者が共有すべきもの:プライベートもしくは、小規模なコンソーシアムでこの技術を適用しても、そのメリット享受は難しい。
  • この技術は、グローバルに実装すべきもの:グローバルな制度変更を伴う、標準化のイニシアチブのなかでの設計と実装が本来の姿である。ビジネスケースは、国際送金、トレードファイナス、マイクロペイメントなど想定されるが、ビットコイン(の信任が増し)若しくは、新法定通貨が定まれば、金融取引の大半はそれでよく、後は、非金融情報をタグ付するだけで、その多くはXMLの範囲で解決する。
  • この技術は、アプリケーションではなく、プラットフォームの技術:従って、①基礎研究:新プラットプラットフォームの構築と、②応用研究:その上でのアプリケーションの構築作法、とを峻別し、POCの多くは、R&Dとして①を主に、②はサンプル・ユースケース程度であり、制度設計は皆無。多くのベンダー(や金融機関)は、旧態依然として、新標準が定まった後のAP構築方法論及びAP構築から利益を出す構造である。

そこでの課題は、以下の3点に集約出来ます。

  • 透明性:技術の特性として、秘匿性の高い情報の管理には向かない。大半の金融取引は秘匿性が伴い、法改正も必要。
  • 制度設計:大規模金融基盤適用には、制度設計、制度改定が不可避で、個別金融機関にはその動機がない。
  • 技術者の人口:メインフレームからC/S、Web、モバイル、AI&IoTへの変遷と全く同様に、広範な普及には開発者の人口が必要。

5

http://www.financialinformationsummit.com/tokyo/jp/static/programme

 

17th Asia Conference on Bancassurance and Alternative Distribution Channels (5月10日:ジャカルタ)

http://www.celent.com/news-and-events/events/17th-asia-conference-bancassurance-and-alternative-distribution-channels

今春2回目のジャカルタでは、このバンカシュランスのカンファレンスに参加し、保険業界におけるデジタル化をセレントの「デジタルフレームワーク」を用いて提唱しました。加えて、InsurTechの動向を、ソーシャルメディアのデータ分析、保険会社以外のデータ収集とその活用、IoTを活用した新たなデータソースの拡充、構造化データ以外の分析ツールの活用について紹介しました。また、銀行と保険会社のレガシーモダナイゼーションについても言及し、自動化と事務処理のSTP化の重要性を述べました。バンカシュランスの文脈においても、銀行、保険会社に跨る事務処理をシンプルにすることが鍵で、プロセスのデジタル化はすなわちコアシステムの現代化を誘導することを提言しました。

カンファレンス・チェアの役割を通じて、全プレゼンテーションを紹介し、質疑応答をモデレートしました。登壇者の顔ぶれは、現地の金融当局、保険業界団体、東南アジアで活躍するグローバル銀行と保険会社、再保険会社の現地法人、そして当地でのデジタルバンキングに商機を見出すテクノロジーベンダーとフィンテック・スタートアップ企業。各社の発表に共通するコンセプトは、デジタルエクスペリエンスが変える銀行と保険会社、そして保険契約者の関係でした。

社会インフラの制約条件は、シンプルな顧客関係を要求します。金融とITのリテラシーが未成熟な地域では、顧客の文脈での推奨や支援が必要とされます。それらを満たすプラットフォームとして、モバイルを中心とした顧客接点が取り組みの中心でした。Financial Inclusion(金融包摂)は、金融当局の強力なバックアップもあり、銀行、保険、そしてテクノロジーの業界にとって、大きな活躍の舞台とみなされます。今回も、アジア新興市場のダイナミズムを大いに実感しました。

6

http://www.asiainsurancereview.com/airbanc2016/Programme

 

今春のカンファレンスを振り返る(その1)

カンファレンスは、いつも刺激に溢れています。今春も各地で、パネルディスカッションやプレゼンテーションの機会に恵まれました。自らのプレゼンテーションを通じて、過去のリサーチ成果を発信するだけでなく、カンファレンス・チェアやパネル・モデレータの役割は、業界ソートリーダとのインプロビゼーションであり、将来のリサーチトピックスやインサイトテーマを仕込む、貴重な瞬間です。人が出会い、意見を交換し、議論を深める。そのための準備と当日の緊張感は、アナリストの責務であり、醍醐味でもあります。

本稿では、今春のアジア3都市での6つのカンファレンスを振り返ります。銀行、保険、証券、ウェルスマネージメントの各業界の議論に共通したキーワードは、フィンテック、デジタル、そしてモダナイゼーションでした。

 

Blockchain Business Conference 2016 (121日:ソウル)

http://www.celent.com/ja/news-and-events/events/blockchain-business-conference-2016

セレントを含めて4人のスピーカーが、ブロックチェーンを中心としたフィンテックに関する現状認識と取り組みを発表しました。

ソウル大学ビジネススクールの教授は、ビットコインとブロックチェーンの関連性と違い、ブロックチェーン技術の特長、イノベーションプラットフォームとしてのブロックチェーンへの期待を述べました。大手SIのLG CNSと、フィンテクスタートアップのcoinoneは、自社におけるブロックチェーンへの取り組みと、適用を目論むビジネス分野について、簡易なユースケース・デモを交えて発表しました。セレントからは、フィンテックの背景、ブロックチェーンの本質、金融サービスの行方について、グローバルと日本の立ち位置から報告しました。

参加者は総じて若く、ITのトレンドに敏感で、ブロックチェーンを新たなビジネス機会として捉え、その議論を挑む姿勢が印象に残りました。ソウルにおけるこのブロックチェーンのカンファレンスは、ペイメント分野での新たなサービス創出の意欲が実感出来ました。

本イベントについては、「フィンテックトレンドの昨日」 http://bit.ly/1txsSmD と題してポストしました。

1

 

Celent Analyst and Insight Day  224日:東京)

http://www.celent.com/ja/node/34449

今春のカンファレンスシーズンは、このイベントからスタートしました。

世界各地からセレントのアナリストが東京に集結し、テクノロジーが金融業界の土台をいかに揺さぶっているか、金融機関は新しい現実にいかに適応していくべきか、様々な議論とインサイトを発信しました。「イノベーション」「フィンテック」「ブロックチェーン」をテーマとした3つのセッションで、合計15のプレゼンテーションを披露しました。

イノベーションの手法とベストプラクティス、未来への分岐点 としてのフィンテック、ブームで終わらないブロックチェーンのインパクト。どのテーマも、市場を席巻するメガトレンドですが、着地点や方向性が見出せない議論となりがちです。このカンファレンスを通じてセレントは、フレームワークベースの考察、ベストプラックティスの活用、そして戦略的自由度の確保が重要であると提言しました。

このカンファレンスの前後でも、各社のPOCに関するプレスリリースが相次ぎました。2016年の春、東京での「フィンテック」を巡る議論は、「探索」から「実証」に推移し、先駆者の「ユースケース」や「ビジネスケース」を待望する声が多数聞かれました。

本イベントについても、「セレント アナリスト&インサイト・デー」 http://bit.ly/1T6R5u2 にポストしました。

2

 

Southeast Asia Banking Technology & Innovation Summit 331日:ジャカルタ)

http://www.celent.com/news-and-events/events/southeast-asia-banking-technology-innovation-summit

昨年のビザ条件の緩和は確実に奏功し、インドネシアでのカンファレンス機会が拡大しています。セレントは今春、銀行と保険の業界メディアから招聘を受け、カンファレンスに参加しました。

日本の約5倍の国土に2.6億の人口、イスラム教徒の比率が88%、2005年以降5~6%台の高成長率、2015年一人当たり名目GDP3,362ドル(世界113位)。首都ジャカルタには、アジア新興国市場の縮図があります。治安、交通渋滞、インフラと様々な課題を抱えつつも、そのすべてを事業機会として取り組むダイナミズムを感じました。

このバンキングのカンファレンスでは、銀行業界におけるデジタル化をセレントの「デジタルフレームワーク」を用いて提唱しました。市場の激流を注視し、顧客経験を通じて自社のブランド評価を計測すること。ITとビジネス両面の柔軟性を確保し、デジタル化による具体的な経済価値を追求すること。そして、そのための戦略ロードマップを策定、実行すること。この5点は、セレントの提唱するデジタル戦略の中核です。

また、カンファレンス・チェアの役割を通じて、全プレゼンテーションを紹介し、質疑応答をモデレートしました。登壇者の顔ぶれは、現地の金融当局、南アジアで活躍するグローバル金融機関の現地法人、そして当地でのデジタルバンキングに商機を見出すテクノロジーベンダーとフィンテック・スタートアップ企業。各社の発表に共通するコンセプトは、Financial Inclusion(金融包摂):低所得層の世帯や事業主が、信頼のおける金融機関から、適切な価格で高品質の金融サービスを利用できるようにすること。デジタル技術はそのイネーブラーとして、店舗やATMよりもモバイルがそのメインチャネルとして、大いに議論されました。

3

 

Asia Conference on Bancassurance

This is an exciting time for the Financial Services sector in Asia.

It seems every day we hear of new “innovation” or “disruption” (depending on your point of view).

However, the sheer volume of all this noise can be overwhelming.

How do you determine what you need to listen to out of the cacophony of voices?

We can help. We do the listening for you.

 

Join us as we examine the hottest trends Insurtech, Digital & Modernization!

Among the topics we will cover are:

  • Mega trend about FinTech & InsurTech
  • Brief Introduction about Celent’s Framework of Digital
  • Main topics will be on…Legacy Modernization
  • Final Thoughts & Recommendations: The new shape of the industry

 

Asia Insurance Review’s 17th Asia Bancassurance Conference

Click here for more information

 

logo_air

http://www.asiainsurancereview.com/airbanc2016/
 
 

FINOLAB

I recently paid a visit to Finolab, an innovative initiative in Tokyo designed to help support fintech initiatives. Officially dubbed The FinTech Center of Tokyo Finolab, the facility is an incubation office that opened in the Tokyo Bankers Association Building in February 2016. Sponsored by multiple firms (*1), the center is designed to support the launch and growth of start-ups as a hub to facilitate the matching of potential business ventures with companies and prospective investors.

For me, the facility conjured images of Level39 (*2) in London—and I don’t believe that I was the only person who felt that way. The Tokyo location overlooks Wadakura Fountain Park with its fountain and monuments and offers a sprawling view of the two-story picturesque Sakurada Tatsumi Yagura Keep and Imperial palace gardens and greenery. Stretching beyond that is the Kasumigaseki—the administrative heart of Japan. A good view can be essential when it comes to innovation. For fintech start-ups, a good physical location and community can be as essential to getting off the ground as having a good virtual presence.

“Finolab was established with the intention of creating fertile soil for and an environment conducive to fostering world-class financial innovation. It is backed by an enthusiastic cohort of promising fintech start-ups and stakeholders who are committed to spawning innovation and linking it to the existing ecosystem—that is Finolab,” explained Chie Ito, a founder of Finovators and manager of ISID, which is involved in the operation of Finolab. The birth of Finolab in the financial district of Otemachi area seems to aptly symbolize the current state of fintech in Japan today.

 

On the day, Akira Tsuruoka of the company Liquid, which has already taken up residence at Finolab and using it as its registered address, told me a bit about the company’s vision. Liquid is working to offer its Liquid payment service, which harnesses next-generation biometric authentication search engine technology, to obviate the need to carry credit cards or point cards. The Liquid reader (fingerprint reader) can be connected via a USB port to a POS cash register to make possible payment by fingerprint.

Conventionally, the hurdle for fingerprint authentication technology applications has been the time required for fingerprint matching confirmation, however, Liquid has succeeded in overcoming this by accelerating the verification process. Japan’s biometric technology has advanced from being able to confirm the identity of a person to being able to specify a user’s identity. The next area for which there are high expectations is using image processing and the ability to process reams of data across a broader range of biometric identifiers. Learning about Liquid’s technology and cloud-based service offering, I was struck by the possibilities that it has for boldly yet elegantly contributing to solutions for and potentially helping to redefine the very primitive applications of individual biometric authentication in the financial services industry.

 

(*1) Finolab is an endeavor jointly undertaken and backed by Mitsubishi Estate, Dentsu, and Information Services International-Dentsu (ISID). Finolab will be operated with the cooperation of Finovators, a corporation of professionals dedicated to promoting financial innovation. The Finolab will offer services through the finolab.jp website, with Dentsu and ISID responsible for service operations. http://finovators.org/  http://finolab.jp/

(*2) Located in the Canary Wharf financial district of London, Level39 is a fintech accelerator. Celent profiled it after it launched in 2013 in a blog entry. http://www.level39.co/  http://bit.ly/1oLjby7

 

liquid

 

FINOLAB

FINOLABを訪問しました。FINOLAB(The FinTech Center of Tokyo FINOLAB)は、2016年2月、東京銀行協会ビルに開設されたフィンテック企業のためのインキュベーションオフィス。スタートアップの創業・成長を支援し、企業や投資家などへのプレゼンテーションやマッチングの拠点となるべく、複数企業(*1) のスポンサーシップにより開設されました。

眺望の素晴らしさに、ロンドンのLevel39(*2) を思い浮かべたのは、私だけではないと思います。和田倉噴水公園のモニュメントや大噴水が眼下に広がり、桜田巽櫓から皇居外苑を一望。その先には、日本の中枢、霞が関が展望されます。見通しの良さは、イノベーションに不可欠な要素。バーチャル空間だけでなく、フィジカルなロケーションも、つながるためにはとても重要な要素です。

「『日本に世界最高の金融イノベーションが生まれる土壌、環境、エコシステムを創ろう』。その熱い想いに賛同する有望フィンテックスタートアップやステークホルダーが集い、イノベーションを創発し、エコシステムをつなげる場が、FINOLABです。」FINOVATORSのファウンダーで、FINOLABの運営に携わるISIDの伊藤千恵氏はこう語りました。日本の金融の中心地「大手町」に誕生したこのスペースは、日本のフィンテックシーンの今を象徴するものと感じました。

 

当日は、すでにFINOLABに入居し、その住所に法人登記するリキッドの鶴岡章氏から、同社の取り組みも拝聴しました。同社は、次世代の生体認証検索エンジンを中核に、クレジットカードレス、ポイントカードレスを実現する決済サービス「Liquid」を提供しています。Liquidリーダー(指紋リーダー)を、USBポート経由でレジPOSに加えることで、指紋決済を可能とします。

従来、指紋認証は指紋の突合に要する時間がボトルネックでしたが、同社のテクノロジーは、その高速化に成功しました。日本の生体認証は、『本人確認』から『本人特定』する技術へ進化しました。次に期待される分野は、画像処理と大規模データ処理を通じた、識別対象の拡大です。その技術とサービスの全てをクラウドで提供するリキッドの取り組みに、個人認証といった金融サービスにおいて極めてプリミティブな領域を、大胆に、そして繊細に融解してゆく可能性を感じました。

 

(*1) FINOLABは、三菱地所(株)、(株)電通、(株)電通国際情報サービス(ISID)による3社協業事業。その運営は(社)金融革新同友会FINOVATORS が協力し、ウェブサイトFINOLAB.jp はFINOLAB事業の一環として、(株)電通、(株)電通国際情報サービスが運営している。http://finovators.org/ http://finolab.jp/

(*2) Level39はロンドンの新金融街Canary Wharf にある、フィンテックアクセラレータ拠点。2013年に開設当時の雰囲気は、セレント証券ブログに言及されている。http://www.level39.co/ http://bit.ly/1oLjby7

 

FINOLAB