ハイブリッドデジタル銀行:ピュアポイント

またひとつ、本邦金融機関によるグローバル展開のマイルストンが刻まれた

既に保険セクターではM&Aによるグローバル事業展開が進んでおり、テレマティクス自動車保険をはじめ、成熟市場における最先端の金融サービスへの参入が始まっている。

これまで銀行セクターの海外展開は、トランザクションバンキングを筆頭に、ホールセール業務(なかでも、日系企業の海外展開を支援する貿易金融や外国為替、投資銀行業務)が中心であった。

本取り組みは、長い歴史と強い暖簾を持つ北米現地法人における個人向けリテール業務の展開であり、その挑戦と成果は、日本市場へこれまでにないフィードバックをもたらすであろう。

ミレニアム世代のニーズにマッチしたIoTAIなど最先端のテクノロジー活用と、相応しい事業体の運営による次世代デジタル金融サービスの展開が大いに期待される。

 

関連したセレントレポートの推奨:

バンキングにおける「デジタル」とは何か

日本の銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:銀行業界への提言

 

– Click to read more

 

 

 

Eiichiro Yanagawa About Eiichiro Yanagawa

Eiichiro Yanagawa is a senior analyst with Celent's Asian Financial Services group and is based in the firm’s Tokyo office. His research focuses on IT strategy issues in the Japanese and Asian banking and financial industries. His recent research has included core banking systems, ATMs, anti-money laundering technology, electronic trading, document management, IT spending trends, and business process outsourcing. Eiichiro's consulting experience includes development of bank IT strategies, thin client / desktop virtualization to support business continuity, evaluation of data centers for hosting core systems, and vendor selection of AML, risk management, and other technologies.

Speak Your Mind

*