証券決済革命

日本の証券決済制度改革は2000年頃に本格化した。15年の歳月を経てDVPは実現し、STPは幅広く普及した。そして、今まさにその最終ステージに差し掛かり「証券決済革命」の時代を迎えている。

日本の証券決済制度改革の経緯において、以下の4点は重要なマイルストーンであった。

  1. RTGSと照合システムの構築、STPの普及(2001年)
  2. 証券保管振替機構の拡充と株式会社化(2002年)
  3. CCPの設立とDVP決済の進展(2002-3年、2007年)
  4. 株券の電子化(2009年)

現在の日本における「証券決済革命」の残された課題は、以下の5点に集約される。

  1. 国債、株式等の決済期間短縮化への取り組み
  2. 清算機関(CCP)の機能拡充、利用拡大、連携・統合への取り組み
  3. 証券決済機関(CSD)の機能拡充
  4. 市場参加者におけるSTPの加速
  5. クロスボーダー証券決済の円滑化

証券決済システム高度化の経緯

161130_fig1 

セレントは、こうした日本の証券決済革命の動向を基軸に、金融業界のレガシー&エコシステムマイグレーション、イノベーション、そしてエマージングテクノロジーの可能性をレポートしている。

本証券決済革命シリーズにご期待下さい。

Eiichiro Yanagawa About Eiichiro Yanagawa

Eiichiro Yanagawa is a senior analyst with Celent's Asian Financial Services group and is based in the firm’s Tokyo office. His research focuses on IT strategy issues in the Japanese and Asian banking and financial industries. His recent research has included core banking systems, ATMs, anti-money laundering technology, electronic trading, document management, IT spending trends, and business process outsourcing. Eiichiro's consulting experience includes development of bank IT strategies, thin client / desktop virtualization to support business continuity, evaluation of data centers for hosting core systems, and vendor selection of AML, risk management, and other technologies.

Speak Your Mind

*