テレマティクス自動車保険サービス会社

米国におけるテレマティクス自動車保険サービス会社設立がプレスリリースされました。

成熟し競争の激しい市場において、単なる研究開発に留まらず、実ビジネスを進める日系最大手自動車メーカーと保険会社による今回の挑戦は、新たな経験と大きな成果をもたらし、日本の各業界にも大きなインパクトをもたらすものと確信します。(*1)

先進市場においては既に、IoTデータの①発信②蓄積/分析/販売③活用、といった3階層のサービス分離(モジュール化)が進んでいます。FinTechの取り組みにおいても上記3分野で、新たなサービス事業が誕生しています。(*2)

このような背景の下、今後は、②IoTデータの蓄積/分析/販売による『自動車運転情報のサービスビューロー』となりえたものが成功の鍵を握ると考えます。クレジットカードやローンの審査時に参照する『クレジットヒストリー』と同様に、保険の引受審査時に『安全運転履歴』や『健康管理履歴』が活用される時代の到来を予期します。(*3) (*4)

 

(*1) 米国でテレマティクス自動車保険サービス会社を設立

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11775445/

(*2) IoT時代の保険会社

http://bit.ly/1kbM43L

(*3) テレマティクス保険と、日本の保険会社の事業戦略

http://bit.ly/1Cn0j8f

(*4) テレマティクスの業界地図

http://bit.ly/1SlDLSu

 

Eiichiro Yanagawa About Eiichiro Yanagawa

Eiichiro Yanagawa is a senior analyst with Celent's Asian Financial Services group and is based in the firm’s Tokyo office. His research focuses on IT strategy issues in the Japanese and Asian banking and financial industries. His recent research has included core banking systems, ATMs, anti-money laundering technology, electronic trading, document management, IT spending trends, and business process outsourcing. Eiichiro's consulting experience includes development of bank IT strategies, thin client / desktop virtualization to support business continuity, evaluation of data centers for hosting core systems, and vendor selection of AML, risk management, and other technologies.

Speak Your Mind

*