セレント イノベーションフォーラム「デジタル金融サービスへの取り組み」を振り返って(その1)

セレントは、2月の「ラウンドテーブル:Making Innovation Happen」、6月の「イノベーション&インサイト・デー」に引き続き、10月17日、「イノベーションフォーラム」を開催した。

本稿では、本イベントの要諦を2回に分けて報告する。

 

 

基調講演①「世界のバンキングのイノベーション最新動向」

消費者の経験や期待、経済状況の悪化や好転、規制と競争環境の激変といった外圧が、既存の圧力(収益拡大、コスト削減)を増幅し、取り巻くエコシステムの変化を促している現況を背景に、「銀行業界、金融業界は、チャネルやアーキテクチャの変化、そしてイノベーションを通じて、ビジネスモデルを修正する必要がある」とのキー・メッセージを発信した。

セレントの提唱するデジタル&オムニチャネルのフレームワーク、バンキングテクノロジーを巡る3つのテーマ

①デジタル&オムニチャネル

②イノベーション&エマージングテクノロジー

③レガシー&エコシステムマイグレーション

に従って、グローバルな事例を紹介した。Apple Payやビットコインなど最新テクノロジーの動向にも触れた上で、セレントの考えるクリエイティブ・ディスラプション(創造的で、破壊的な影響力を持つ変革)の枠組みを用いたイノベーションの重要性を説いた。

 

図 1 デジタル / オムニチャネルのフレームワーク

FIG1

出典:セレント

 

 

基調講演②「日本の金融業界におけるデジタル&オムニチャネルバンキングの取り組み」 

日本の金融サービス業界がイノベーションに向けて現在どのような取り組みを行っているか、以下の4つの枠組みで俯瞰した。

① 現金、クレジットカード、デビットカードと言った、トラディショナルな決済手段

② 電子マネーとプリペイドカードに代表される、第二世代の決済手段

③ 隆盛を極める、電子商取引に付随した決済サービス

④ 以上3区分を横断するオムニチャネルサポート

その中で共通する事項として浮かびあがったのは、「デジタル技術の普及と活用、エコシステムの形成とオープンイノベーションの進展が、イノベーションの成功の鍵を握る」という点であった。

 

中でも、速やかに、躊躇なく取り組むべきポイントとして以下の5つを挙げた。

①カード決済情報のマルチビューとコントロール

②カード決済サービスを活用した付加価値提供

③リアルタイム取引アラート

④取引実績データのアナリティクスに基づくアドバイザリーサービス

⑤ソシャルメディアとのインテグレーション

 

図 2 日本のリテールペイメント市場における主要決済手段の区分

FIG2

出典:セレント

Eiichiro Yanagawa About Eiichiro Yanagawa

Eiichiro Yanagawa is a senior analyst with Celent's Asian Financial Services group and is based in the firm’s Tokyo office. His research focuses on IT strategy issues in the Japanese and Asian banking and financial industries. His recent research has included core banking systems, ATMs, anti-money laundering technology, electronic trading, document management, IT spending trends, and business process outsourcing. Eiichiro's consulting experience includes development of bank IT strategies, thin client / desktop virtualization to support business continuity, evaluation of data centers for hosting core systems, and vendor selection of AML, risk management, and other technologies.

Speak Your Mind

*