金融持ち株会社規制の見直しを成長戦略に繋げるもの

Post by

Mar 4th, 2015

金融審議会における「金融持ち株会社規制の見直し」着手が報道された。(1)

持ち株会社の傘下に置ける事業会社の範囲を広げ、銀行グループが電子商取引や新たな決済サービスなどへの参入を容易にすることが期待される。

既に、インターネット専業を含む新設銀行の業績は伸張し、流通業界からの参入企業は購買履歴と金融資産情報を活用し、クレジットカードのショッピング利用と意欲的な住宅ローン商品の投入により、顧客基盤と収益基盤を拡充しつつある。

また、携帯電話各社は、決済サービスを自社顧客の利便性向上からプレミアサービスの提供へ発展させている。通信、銀行、路面店、オンラインショッピングといったオムニチャネルでの顧客とサービスの融合とその先の「プレミアムサービス」を目指した戦略を競う。

規制緩和と技術革新は、イノベーションの両輪であり、デジタル技術の普及は、技術革新面での可能性を高め、一方で、規制緩和は、革新的な技術の適用機会を提供する。この機会を成長戦略に繋げるために、最も必要なものは、技術を熟知した企業家の旺盛な事業意欲と考える。これまでのところ、デジタル技術を活用した新たな決済サービスのイニシアチブは、流通や通信といった非金融系事業者に多い。(2)

新たな「岩盤」の融解を前提とした、破壊的なイノベーションの創造意欲を待望する。

 

(1) 金融審総会を来月開催 持ち株会社規制見直し(日経)

(2) 以下のセレントレポートを推奨する
日本の金融業界におけるイノベーション:リテールペイメント市場における動向

 

Tags:

Alipay Entering into South Korean Market

Post by

Mar 2nd, 2015

During the Lunar New Year, more than 100,000 Chinese visited South Korea. The way people shop in a duty free shop, or in a convenience store is quite different than before: They pay with the world’s well-known Chinese mobile payment, Alipay, the most successful case of Fintech in the world.

In Seoul main streets and on Korean internet sites, we can easily find advertisements of Alipay. China UnionPay already entered into the South Korean market, and even a brand of my credit card issued in South Korea is UnionPay. They partner with BC Card, South Korea’s card issuer and they have been expanding their business in South Korea.

China’s payment has entered into South Korean market in earnest and South Korean players have been getting into the game. T-money, the largest prepaid card player in South Korea and Hana Bank, the fourth largest bank in South Korea partnered with Alipay.

As an example, Chinese tourists in South Korea can pay back to Alipay’s account after using T-money for foreigners if they have any remaining credits. T-money is available not only transportation including metro, bus and taxi but also for payments at convenience stores and other selected shops. Also, T-money has introduced a new service for domestic users, providing compensation system for Mobile T-money when a user loses a phone, providing a safer environment for T-money users.

For Hana Bank, they haven’t started a service with Alipay but it will be launched soon. After launching a new service with Alipay, Chinese tourists will be able to pay with Alipay at merchants of Hana Bank. In other words, they can use Alipay in broader places like orthopaedics, nail salon and hair salon than what T-money service offers.

The similar case has been seen in South Korea and Japan. Cashbee, South Korea’s mobile payment card partnered with Japan’s three major MNOs, NTT DoCoMo, KDDI and Softbank. Japanese tourists can now pay with their smartphone in South Korea after installing a dedicated application.

A wave of Fintech has come to Korea. The country is attempting a different approach with the use of Fintech. Some players already recognized their current approach is not acceptable anymore hence it is the time to shift their strategy for future growth.

Payments area has been getting global and more attractive for users. For example, Alipay gives 4.5% interest when a user deposits money. Yes, it’s attractive. However, players should evaluate what is important for their future growth without tapping into the current trend. Establishing an initiative for business growth should be the overriding concern now amid mounting attention to Fintech.

Start-up of internet-only banks in South Korea

Post by

Feb 25th, 2015

South Korea’s government has begun to move to permit internet-only banks. It is in discussion with a group of financial institutions, vendors and other institutions, and the outline for internet-only banking services will be set up around April.

In South Korea, most banks, we can say all banks, already offer direct banking including internet, mobile and smartphone, and many customers are accustomed to them. However, dedicated internet banks have not been allowed to date due to regulatory and other issues.

Currently, there are two main challenges to setting up an internet-only bank in South Korea.

1. Identity confirmation through direct channel: the current law requires customers to open a new bank account at a face-to-face channel with their ID. So people visit a bank branch at least once to start banking transactions, although direct banking services are at a quite mature level in South Korea. The requirement for identity confirmation should be revised accordingly when permission is granted for dedicated internet banking.

2. Relaxation of the Separation of Banking and Commerce: in the current law, institutions belonging to the commerce sector cannot provide banking services, and their ownership share in a bank is stringently limited at 4%, compared to 25% in US and 20% in Japan. To encourage the entry of various kinds of sectors into the internet-only banking market, the relaxation of this law is one of the important issues.

Currently, a number of institutions including banks, vendors and other sectors are negative on entering the market and will keep a wait-and-see attitude for now. Before entering the market, they should learn from case studies of overseas internet–only banks. To cite a case, there are many good examples of online account opening using the advanced facial recognition tools.

I will appear at a conference on internet-only banking in Seoul on March 10, and will present case studies and learnings from the Japanese market. Anyone interested in the event details, please visit http://fintechkorea.com/.

サムスンのスマホ決済ベンチャー買収について

Post by

Feb 24th, 2015

先週、サムスンがスマートフォン決済ソリューションベンダーであるループペイを買収したとの報道があった。今回の買収は今後のサムスン製スマートフォンの更なる飛躍を意味するものになるのかが注目されている。

ループペイの技術の長所は汎用性であり、既存の磁気式カードリーダーにスマートフォンをかざすことで決済が遂行される。既存のスマホ決済は専用端末機を要するケースが多く、アップルペイも然りだ。

しかし、サムスンが今回導入したスマホ決済技術は専用端末機の導入は必要としない。加盟店は端末機のための追加コストがかからないため、導入に積極的な姿勢を見せるだろう。既存のスマホ決済にはなかった、汎用性・互換性を備えているループペイ社の技術は今後、サムスン製スマホの更なる成長を牽引する要因のひとつになるだろう。

Samsung’s acquisition of smartphone payment solution vendor LoopPay

Post by

Feb 24th, 2015

Last week, Samsung announced the acquisition of LoopPay, a US-based smartphone payment solution vendor. It has been receiving attention as it may be poised to bring further growth to Samsung’s smartphone.

The strength of LoopPay technology is broad versatility. Its technology enables smartphone payment at a touch to a magnetic card reader. Most existing smartphone payment services require the implementation of a dedicated payment terminal, and ApplePay is not an exception. However, dedicated terminals will now not be required with Samsung’s smartphone payment technology.

The fact that a merchant will not incur additional cost for a payment terminal makes this smartphone payment service more attractive. The LoopPay technology with its versatility and compatibility should become one of the future growth drivers for Samsung smartphone.

サイバーリスク保険

Post by

Feb 23rd, 2015

保険業界にとって、新たなリスクの発生とそれへの備えは、根源的な事業機会である。一方で、新商品は、新サービスの必要性を伴い、保険会社に新たな能力を要求する。大手損害保険会社において、「サイバーリスク保険」が発売された。(1)

概要:

  • 新商品は、事業活動を取り巻くサイバーリスクを1契約で包括的に補償する総合保険であり、企業が不正アクセスやサイバー攻撃を受けた場合に、その対応のためのフォレンジック調査等に関する費用(危機管理対応費用)や、実際に発生した情報漏えい等に起因して提起された損害賠償請求訴訟に関する賠償金・争訟費用等を補償するもの。
  • 同社は、既にその海外子会社において、欧米企業向けにサイバーリスク保険を先行販売しており、海外での販売実績を生かし、日本市場向けの内容として開発した。

フロンティア:

  1.  加入を検討するプロセス自体が、自社のセキュリティ管理をチェックする機会となる。導入する企業にとっては、加入を検討するプロセス自体が、自社のセキュリティ管理をチェックする機会となる一方で、保険会社にとっては、新たな「引受査定」業務が不可避となる。
  2.  自動車保険などでは豊富な統計データから事故リスクや適正な保険料を見積もりやすいが、サイバーリスクについては、ベースとなる統計データは少なく、その業務自体がフロンティアと呼べる。
  3.  個人情報保護に特化した保険商品については、日本国内でも販売実績があるが、「サイバーリスクを包括的にカバーする保険商品」の販売実績は少ない。またその包括性や、保険金支払いの発動条件になるサイバーリスク関連事件の範囲を広く設定しているため、「支払認定」にも困難性が伴うと想定される。
  4.  グローバル対応が必須となろう。サイバー空間に国境は無く、海外で提起された損害賠償請求訴訟についても補償が不可避。個人情報漏えい保険等の従来の保険では補償対象外となっていた海外における損害賠償請求訴訟に関する賠償金・争訟費用も補償対象となり、保険契約に関する様々なサポートをグローバルに展開することは不可避となろう。

アウトルック:

  • 上記フロンティア業務への対応は不可避であり、その対応が可能な大手・グローバル保険会社のみが、保険キャリア(保険商品の製造会社)となり、多くの中小保険会社や国内専業保険会社は、その販売代理店(保険商品のディストリビュータ)となろう。こうした専門性の高い保険商品の拡大は、保険サービスの製販分離を一層加速するであろう。
  •  またこうした事柄は、保険会社に、テレマティクスやIoTに代表される、世の中のデジタル化への一層の対応を迫る。テクノロジー(特にIT)への造詣の有無が、保険商品サービスの洗練度に大きな差別化要素となろう。
  •  自動車保険のテレマティクス対応(事故を起こさない自動車や運転者への、保険料の安い自動車保険)に代表される、顧客や社会のリスクウェイトを適切に査定し、適切な保険商品サービスをカスタムに提供する流れは止まらない。
  •  サイバーリスクは、既に、現代社会を取り巻く新たなリスクとして認識され、それへの適切な対応は、本来的な保険会社の責務。計測が困難なリスクを計測し、その補償範囲を独自に決め、独自の料率とサービス内容で競う、本来的な、保険の自由競争が加速しよう。
  • グローバルには、既に、インターネットとネットワーク時代の企業活動を、様々な観点からサポートする保険商品とその関連サービスが存在し、その包括性や洗練度を競う段階にある。(2)

 

(1) 新商品「サイバーリスク保険」の発売について(東京海上日動火災保険株式会社)

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf150209_01.pdf

(2) Marsh & McLennan Companies/Marsh におけるサービスオファーの例示

Marsh’s Cyber Risk Management toolkit

 

IoT時代の保険会社

Post by

Feb 16th, 2015

モノのインターネットは保険会社のビジネスのやり方を大きく変化させる。
だが、その変化はどのような速さで、どの程度なのだろうか?

  • 保険料の引き下げや、リスクコストの削減という保険契約者にとっての価値
  • 損失コストやその他のリスクコストの削減という保険会社にとっての価値
  • モノのインターネットの創造・維持・利用にかかるコスト

モノのインターネットは、保険分野の価値連鎖のあらゆる部分を変化させる。
たとえば、以下の基本的な保険業務プロセスへの影響度はどうか?

  • 商品設計
  • 保険料設定
  • 保険引受
  • 契約者サービス
  • 保険金請求

やがて、損失の減少に比例して保険料も引き下げられる、それは必然的に…

  • 保険業界は規模縮小戦略に転換する?
  • 保険料を大幅に引き下げることになった場合には、経済全体における保険会社の役割縮小を受入れる?
  • モノのインターネットにおける損失削減という役割に注力、そこに代替の収入源を見つける?

セレントは、こうしたIoT (Internet of Things:モノのインターネット)時代の保険会社に、テクノロジー活用をドライブする枠組みを提唱(1) している。

そこでは、
IoTの3 つの構成要素、すなわち、

  1. ネットワーク接続されたセンサーがついたモノ
  2. データストア
  3. 分析エンジン と、

IoTが生み出す3 つの価値、すなわち、

  1. 社内外の現状に関するデータや情報
  2. アナリティクスにより導かれる結論
  3. フィードバックおよび管理プロセス

を、明快に位置づけている。

 

Fig1. セレント IoTフレームワーク

IoTフレームワーク

 

(1) IoT / IoE 、デジタル戦略に関する以下のセレントレポートを推奨する

 

 

テレマティクス保険と、日本の保険会社の事業戦略

Post by

Feb 9th, 2015

日本市場におけるテレマティクス保険に注目する。
大手損害保険会社において、英自動車保険の買収(1) に引き続き、走行距離連動保険の発売(2) が発表された。

セレントはこれまで、欧州市場での動向とその分析を通じて、
テレマティクス技術の普及と、その技術を活用したテレマティクス保険は、伝統的な自動車保険事業(テレマティック保険以外の自動車保険)における、

  • 「問題ある」ドライバー・プールの増加
  • 自動車保険事業におけるコストベースの増加
  • 自動車保険金請求頻度と金額の増加
    – 判別が困難な保険金詐欺の増加
    – 結果として、保険料の値上げ
  • 可能性として、伝統的な自動車保険契約金額と契約者の減少

などをもたらすとの仮説を立案し、提言(3)している。

一方で、これらのインパクトは、国や地域、自動車の運転に関わる文化や慣習に大きく依存する。すなわち、

  • 一市場におけるテレマティックス保険の隆盛が、他の市場にそのまま伝播しない
  • 一国の伝統的な自動車保険事業の衰退は、そのまま隣国における衰退につながらない

従って、自動車文化や環境の違いを踏まえた、グローバルインパクトの考察が必要である。

 

これらを踏まえ、日本の保険業界に対して、以下の3点を提言する。

  1. モニタリング:
    テクノロジーの普及により、被保険者の損害の変化をどのようにモニタリングするか?
    自社の組織内のどの部門が担当するか?
    >>>全社的リスク管理部門、保険計理部門、商品開発部門、それらを横断する部門でのモニタリングが重要である。
  2. アナリティクス:
    次世代のテレマティックスデータはどのようなものになるのか?
    テレマティックスデータはドライビングそのものを向上させるか?
    衝突防止装置や交通違反自動取締装置から粒度の高いデータを回収、分析、利用する方法はあるか?
    >>>これらのテクノロジーは、保険商品開発において、新たな種類のデータや分析手法を提供し、保険料率設定や保険引受査定などに大きな変化をもたらす。
  3. ストラテジー:
    各業務部門で検討すべき課題か?
    主要な取り組み(商品設計、保険料率の設定、営業、カバー地域拡大など)への影響は?
    コラボレーションすべき他業態のパートナー(自動車、ネットワーク、通信)は?
    >>>今年、来年の事業計画、そして中長期の事業戦略への反映が肝要。

 

Fig1. テレマティクス・インフラと多彩なサービス提供

テレマティクス

(1) 英国テレマティクス自動車保険の大手Box Innovation Group 社の株式取得(MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社)

http://www.ms-ad-hd.com/news_topics/pdf/141223_BIG_hd.pdf

(2) 最先端のテレマティクス技術を活用した自動車保険「つながる自動車保険」新発売(あいおいニッセイ同和損害保険)

http://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/news_dtl.aspx?news_id=2015020500238&cate_id=02

(3) テレマティクスに関するセレントレポートの推奨

テレマティクス大実験: 注目のイノベーションシリーズ
–  http://www.celent.com/ja/reports/31840
ウェビナー:テレマティクスと利用ベース自動車保険:多少のリスクか多大なリスクか
–  http://www.celent.com/ja/reports/31607
中国保険市場におけるテレマティクスの可能性
–  http://www.celent.com/ja/reports/31631
あるシナリオ:交通事故が(ほぼ)なくなったら自動車保険は
–  http://www.celent.com/ja/reports/30021
テレマティクスに基づく保険:その時代がようやく到来したか
–  http://www.celent.com/ja/reports/29538

 

Tags:

Emergence for South Korea’s Online Life Insurance

Post by

Feb 6th, 2015

Last year, South Korea’s first online dedicated life insurer, named Kyobo Lifeplanet Insurance was launched. Kyobo Lifeplanet Insurance is a subsidiary of Kyobo Life Insurance, third largest life insurer in South Korea.

This year, four mid-tier life insurers are in preparation for launching online insurance. In South Korea, online life insurance market is far and away immature. It will be difficult for online life insurance to get traction in the nation although other online financial services like banking services and brokerage services have already been saturated.

South Korea’s online life insurers should strategically design their insurance products in line with the characteristics of the online channel. Online channel is easy for customers to get in touch with an insurer but it may be difficult for them to purchase insurance without any in-person communication. The coverage period of life insurance is usually longer than P&C insurance, and is a more significant decision for the consumer. Therefore, customers are likely more sensitive about purchasing life insurance online.

Online insurance products must be simple and clear to help customers understand and purchase them easily. Online insurers should choose which products are appropriate for online sales and how they should design products for online sales.

Seen in some cases abroad, online life insurance is not easy to grow in the market. However, Celent believes that there are niche spaces for online insurers. The time has come to select various ways of financial services, so-called omni-channels. Niche players must be welcomed and required in the South Korean insurance market. If they have a proper strategy for online insurance, they are sure to grow in the future.

Tags:

「岩盤」規制解除に想うこと(その3)

Post by

Feb 6th, 2015

政府の掲げる「岩盤」規制(bedrock regulations)改革に反して、法律や制度以外にも、成長戦略の妨げとなる「岩盤」が存在する。

本稿では、こうした「岩盤」規制解除を巡る様々な議論を通じて、イノベーション機会を探る。

 

時代遅れとなった「岩盤」

日本の金融市場には、時代遅れとなった「岩盤」も存在する。

信用金庫は1951年に制定された信用金庫法にもとづく会員の出資による地域金融機関である。営業地域は一定の地域に限定され、中小企業ならびに個人のための専門金融機関とされる。大企業や営業地域外の企業・個人には融資ができないという制限があり、これは「地域で集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することで、地域社会の発展に寄与する」という設立目的によるものである。こうした背景を持つ信用金庫業界においても、提携や合併が相次ぐ。
現在、日本全国には約270の金庫が存在し、全金庫の平均預金残高は金庫当たり5,000億円程度、貸出金は3,000億円程度であり、地方銀行を凌駕する規模の大規模信用金庫も存在する。

  • 組み合せ
    2015年1月に発表された、大垣信用金庫と西濃信用金庫の合併は、「5年後、10年後の経営戦略を考えた。人口減少、市場縮小を見据えた前向きな合併」との両金庫発表(1) 通り、合併後の規模は預金量で7千億円と中堅並みだが、高い自己資本比率に注目すべきである。大垣が12%台、西濃は15%台という優良な信金同士の組み合せは、単独でも生き残れる信金が、より戦略的に動き、地域シェアの維持向上と、一層の規模の経済を狙ったものと解せる。岐阜県は、十六銀行(資金量5兆円)、大垣共立銀行(4.2兆円)、岐阜信用金庫(2.1兆円)と優れた地域金融機関が多く、全国有数のリテール金融激戦地。業界の将来動向を写す合併とみなされ得る。
  • アウトルック
    適切な規模と健全な経営内容を持つ信金同士が戦略的な提携・合併を経て、適切な数の組織が生き残るとの見方が支配的であろう。米国のクレジットユニオン業界(2) 同様に、存続のためのバーは更に高まり、既に都市部を中心に、2兆円規模を超える大手信金が多数誕生している。今後は、規模と健全性、効率性に加え、信金ならではのニッチなサービスを提供し、ローカルなニーズを満たす戦略が不可欠と想定される。
  • 課題と戦略
    効率性の観点から、コア・システムはその大部分が各地の共同センターシステムに加盟し、自営ではない。コストやリソースの課題は解決されるが、ユニークな商品・サービス提供において、ITを活用する際に足かせとなりかねない。またこれまでは、地域を越えた提携や合併は、制度上も障壁があった。ここに、旧態依然とした「岩盤」が存在する。制度に守られた業態と言えるかもしれない。しかし、最大の困難性は人的なリソースにあろう。系統金融として、上位組織(信金中金、全信連)の戦略的なイニシアチブが期待される。

戦略的な立ち位置を求めたユニークな提携・合併戦略が待望される。例えば、
路面店舗や職員の渉外活動、地域社会に強い信用金庫と、ネットや通信販売、全国規模のマスマーケティングに強いネット専業(銀行、保険、証券)が組み戦略的なO2O(Online to Offline)チャネル展開やオムニチャネル(Omnichannel)マーケティングを実現すれば、メガバンク、メガ保険との立ち位置の違いからユニークなサービスが展望され、少子高齢化、地方経済の衰退が叫ばれる中で、新たな金融デリバリーモデルが展望されよう。その際のKFSは、テクノロジーの活用と新たなリソース、特にマーケティングノウハウとなるはずだ。

 

(1) 合併趣意書 (大垣信金、西濃信金)

http://www.seishin-bk.co.jp/pdf/news/news_0298.pdf

(2) 米国のクレジットユニオン業界からの示唆は、下記セレントレポートなどに詳しい。

米クレジットユニオン再編の最新動向

http://www.celent.com/ja/reports/32987